« 『ヘレディタリー/継承』アリ・アスター監督&A24最新作『ミッドサマー』世界中で<天才>と呼ばれる、今最もハリウッドが注目するクリエイター!!アリ・アスター監督 来日日程決定!! | メイン | ゴールデン・グローブ賞(《助演女優賞》)ノミネートキャシー・ベイツ圧巻の演技『リチャード・ジュエル』母ボビが息子の無実を訴える涙の会見---号泣必至の本編映像解禁 »

2020年1月 9日 (木)

演技派俳優エドワード・ノートン、『特攻大作戦』並みの緻密なプラン!ウィレム・デフォーの役どころは、『スター・ウォーズ』のオビ=ワン?インタビュー映像解禁『マザーレス・ブルックリン』

0109_007


トロント国際映画祭を始め、ローマ映画祭&テルライド映画祭&ニューヨーク映画祭などに出品され、本年度ゴールデン・グローブ賞作曲賞にノミネートされるなど、国内外で高く評価され、当時の犯罪映画を彷彿とさせる古典的なスタイルで、今の社会問題にも繋がる現代的なテーマを描いたアメリカン・ノワール『マザーレス・ブルックリン』が、1月10日(金)より新宿ピカデリー他にてロードショーとなる。


監督・脚本・製作・主演を務めたのは、『真実の行方』『アメリカン・ヒストリーX』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でアカデミー賞®にノミネートされた、ハリウッドを代表する演技派俳優エドワード・ノートン。本作では一風変わったキャラクターを演じつつ、初めてシナリオに挑戦し、約20年振りにメガホンも取るなど、プロデュースも含めて1人4役の活躍を見せている。また、『ダイ・ハード』シリーズのブルース・ウィリス、『美女と野獣』のググ・バサ=ロー、『ミッション:インポッシブル』シリーズのアレック・ボールドウィン、『スパイダーマン』シリーズのウィレム・デフォーなど、超豪華な実力派俳優陣が脇を固めている。さらに、全米批評家協会賞を受賞したジョナサン・レセムが手掛けた原作から、1999年の時代設定を1957年に変更し、グラミー賞を受賞したレディオヘッドのトム・ヨークが提供したオリジナル・ソングは、ロック界の帝王レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーや、ジャズ界の重鎮ウィントン・マルサリスも参加しつつ、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたダニエル・ペンバートンが音楽を担当している。


本作より監督・脚本・製作・主演を務めたエドワード・ノートンのインタビュー映像が解禁となった!エドワード・ノートンが演じた主人公ライオネルは、障害の発作に苦しみながらも驚異の記憶力を持つ私立探偵で、ブルース・ウィリスが演じたボスのフランクが殺害された事件の真相を追い始める。そんな難しい役を演じたノートンは、監督と俳優を同時にこなす事について訊ねられると、「正反対のものなんだ」と苦労した事を明かす。また、大変さが分かっているからこそ、「自分の役については、かなり前から準備しておく。しっかり演技できるようにするには、監督としての準備も大事だ」と緻密なプランを『特攻大作戦』の作戦シーンに例えながら話し、「撮影の時は、全員が何をすべきか分かってる。すべては考え抜かれ、あらゆる問題は解決済みだ」と如何に事前に準備してきたかを熱弁する。さらに、ウィレム・デフォーについて訊ねられると、「今回、ウィレムは“モラル”を表す役だと思う」とデフォーが演じた謎を知る男ポール役の役どころを説明し、「『スター・ウォーズ』のオビ=ワンのように、ぼろを着ていても中身は騎士さ」と誰もが知る具体的なイメージで例える。最後に、「ウィレムだったら、この役をこなせると思った」と以前から親交のあるデフォーだからこそ、安心して任せられたと語り、「僕はラッキーな監督だ」と笑顔で締めている。約20年振りにメガホンも取って初めてシナリオにも挑戦したノートン、プロデュース&メインキャラクターも含めた1人4役の活躍を劇場でお見逃しなく!

映画『マザーレス・ブルックリン』インタビュー映像(エドワード・ノートン編)【HD】2020年1月10日(金)公開
https://youtu.be/1AsH4T7m194

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

『マザーレス・ブルックリン』

2020年1月10日 より 新宿ピカデリーほか全国にて
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/motherlessbrooklyn/
(C) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事