« 賞レースを賑わす話題作、日本公開決定!新星ジェシー・バックリーが魅せる圧巻の歌唱力!『ワイルド・ローズ』 | メイン | 『プラド美術館 驚異のコレクション』唯一無二の美の殿堂!その魅力が詰まった予告編&ビジュアル解禁 »

2020年1月10日 (金)

フレディ・M・ムーラー特集「マウンテン・トリロジー」ポスタービジュアル&予告編解禁!!

0110_012


フレディ・M・ムーラー監督の特集上映「マウンテン・トリロジー」を 2 月 22 日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開となる。本特集のポスタービジュアルと予告編が解禁となった。


映画史に燦然と輝く“山”映画の最高峰、『山の焚火』。『我ら山人たち』 『緑の山』を合わせて一挙公開!
ダニエル・シュミットやアラン・タネールらと並び、1960 年代後半に起こったスイス映画の新しい潮流「ヌーヴォー・シネマ・スイス」の旗手として知られる、フレディ・M・ムーラー。代表作である『山の焚火』は、ロカルノ国際映画祭で金豹賞(グランプリ)を獲得し、世界にムーラーの名を轟かせた。


ムーラーは、1940 年 10 月 1 日生まれ。長編ドキュメンタリー映画『我ら山人たち─我々山国の人間が山間に住むのは、我々のせいではない』で、74年のロカルノ国際映画祭国際批評家賞を受賞。85 年に発表した『山の焚火』はロカルノ国際映画祭金豹賞およびエキュメニカル賞を受賞し、スイス国内では25万人を動員。スイス映画アカデミーよりスイス映画史上最高の一作に選定され、世界各地で公開された。14 年、自身の母が 75 歳の時に記した自伝に基づく劇映画『Love and Chance』(原題:Liebe und Zufall)を発表し、映画制作からの引退を発表している。


本特集では、『山の焚火』と合わせて<マウンテン・トリロジー(山三部作)>を構成する2本のドキュメンタリー映画『我ら山人たち』と『緑の山』を同時公開。民話と山人に惹かれたムーラーが、吸い寄せられるように生まれ育ったスイス・ウーリー州の山岳地帯に戻り、長期取材を敢行。そこから生まれたこれら三部作は、人と自然、そしてまるで現代を予知したかのような今日的問題を、驚くほど大胆な創意と圧倒的な映像で描き出す。


完成したポスタービジュアルは、本特集のメイン作品である『山の焚火』より、聾啞の弟が、姉の喉元に手を当てて、その歌声を聞き取ろうとする場面写真を使用。予告編ではムーラー監督自身による言葉、「山人の生活には、魔術的でアニミズム的な思考が、現実的かつ合理的な思考と共存しながら根付いている」から始まり、『山の焚火』より、広大な山腹を駆け回る少年を横移動するカメラが捉えた名場面を切り取りながら、三作品を紹介している。


『マウンテン・トリロジー』予告編
https://youtu.be/iPZbWnwa7sU

____________________________________________________________

『マウンテン・トリロジー』

2020年2月22日よりユーロスペースほか全国にて順次公開
配給:ノーム
公式HP:https://gnome15.com/mountain3/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34199862

フレディ・M・ムーラー特集「マウンテン・トリロジー」ポスタービジュアル&予告編解禁!!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事