« ダイアン・キートンが踊る!跳ねる!平均年齢 72 歳。チアリーティング・チーム結成!今、わたし史上最高のとき!『チア・アップ!』 4/10(金)公開決定 | メイン | 演技派俳優エドワード・ノートン、『特攻大作戦』並みの緻密なプラン!ウィレム・デフォーの役どころは、『スター・ウォーズ』のオビ=ワン?インタビュー映像解禁『マザーレス・ブルックリン』 »

2020年1月 9日 (木)

『ヘレディタリー/継承』アリ・アスター監督&A24最新作『ミッドサマー』世界中で<天才>と呼ばれる、今最もハリウッドが注目するクリエイター!!アリ・アスター監督 来日日程決定!!

0109_004


長編デビュー作 『ヘレディタリー/継承 』が世界中の映画サイト、映画誌に絶賛され、いまハリウッドの製作陣が”最も組みたいクリエイター”としてその動向に注目が集まっているアリ・アスター監督の最新作『ミッドサマー』が2月21日(金)、TOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開となる。恐怖の歴史を覆す、暗闇とは真逆の明るい祝祭。天才的な発想と演出、全シーンが伏線となる緻密な脚本、観る者を魅惑する極彩色の映像美が一体となり、永遠に忘れられない結末に到達する。そこに待つのは究極の恐怖と、未体験の解放感。体験した者は二度と元には戻れない”フェスティバル・スリラー”がついに日本解禁!


 本作は昨年6月より北米ほか全世界で公開され、有力映画サイト、ジャーナリストの年間ベスト作品に挙げられ、『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督、『シェイプ・オブ・ウォーター』のギレルモ・デル・トロ監督らの年間ベスト作品の一作にも挙げられている。アリ・アスター監督の才能については、『アイリッシュマン』『タクシードライバー』などのマーティン・スコセッシ監督が「彼の映画は単なる恐怖映画を超えている」、俳優のニコラス・ケイジは「アリ・アスターは僕にとって事件」と語るなど、ハリウッドの巨匠たちも注目している。

 
今回、本作のアリ・アスター監督の来日が1月30日(木)~31日(金)に決定した!長編2作目にして、既に世界中で天才と呼び声の高いアリ・アスター監督だが、今回が初来日となる。今回の来日では、インタビュー稼働のほか、アリ・アスター監督の舞台挨拶つき本編先行上映も予定されている。黒澤清監督、三池崇史監督など日本の映画監督や、漫画などにも影響を受けてきたと語っているアリ・アスター監督から、一体どのようなお話を聞けるのか。乞うご期待!


___________________________________________________________

『ミッドサマー』

2020年2月21日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて
配給:ファントム・フィルム
公式HP:https://www.phantom-film.com/midsommar/ 
(C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事