« 躍動するサウンド、カラー、ストーリー映画の無限の可能性を感じる135分『WAVES/ウェイブス』公開決定・日本語字幕付き海外予告解禁 | メイン | ハリウッドに激震!!!?<マット・デイモンvsクリスチャン・ベイル>取っ組み合いの大ゲンカ!!!本編クリップ解禁!『フォードvsフェラーリ』 »

2020年1月10日 (金)

『ティーンスピリット』エル・ファニング&スタッフが語る!レコーディング風景も納めた特別映像2本が公開!!

0110_010


『マレフィセント』シリーズでオーロラ姫を演じたエル・ファニングが主演を務め、世界的大ヒットを収めた『ラ・ラ・ランド』のスタッフが再結集!ケイティ・ペリーやアリアナ・グランデ、カーリー・レイ・ジェプセンといったヒット・チャートを賑わす人気アーティストの楽曲満載で贈る青春音楽映画『ティーンスピリット』がいよいよ1月10日(金)に全国公開を迎える。


本作の舞台はイギリスの田舎町、ワイト島。ポーランド移民の母子家庭で育ち、内気で友達も少ない主人公のヴァイオレット(エル・ファニング)にとって、唯一心を解き放つことができるのが「音楽」だった。ある日、ヴァイオレットは数々の有名アーティストを排出する人気オーディション番組”ティーンスピリット”の予選が地元で行われることを知る。今こそ歌手になる夢に挑戦する時だと、自らの歌声ひとつでオーディションに挑む決意をした彼女は、情熱を秘めた才能ある若者たちのなかで夢をつかむことができるのか?

この度、エル・ファニングとマックス・ミンゲラ監督、音楽プロデューサーのマリウス・デ・ヴリーズが語る
「ストーリー編」と「音楽編」の特別映像2本が公開となった!

「ストーリー編」では、「音楽映画や歌う役には昔から興味があり、山ほどあるやりたい事リストの1つだった」と本作への出演を熱望していたエル・ファニングが「いつも『ヴォイス』や『アメリカン・アイドル』を見てた。だからこの作品をやりたかったの」と、オーディション番組を好んで見ていたエピソードや、本作の物語、エルが演じるヴァイオレットという人物について、本編映像を交えながら語る内容となっている。

「音楽編」では『ラ・ラ・ランド』でも音楽プロデューサーを務めたマリウス・デ・ヴリーズが「エルはとても自然で美しい声を持っている。彼女の役作りのプロセスはまさにヴァイオレットが辿る道のりのようだ」と、初めて本格的な歌唱に挑戦したエルを大絶賛。出演が決定してから、エルはマリウス・デ・ヴリーズと3ヶ月の猛特訓を経て撮影に臨んだことが映像でも語られているが、このトレーニングはエルの歌唱力強化だけでなく、マックス・ミンゲラ監督曰く、「マリウスとエルの間の強固で親密な関係があったからこそ、あのような芝居が引き出せているのだと思う」と本作のヴァイオレットと彼女の師となる元オペラ歌手のヴラドとの関係性にもリンクし、役作りに役立ったそう。


さらに映像には、本作のために「コール・ミー・メイビー」などヒット曲でおなじみのカーリー・レイ・ジェプセンと、ブリーチャーズ、FUN.のメンバーでもあるジャック・アントノフが本作のために書き下ろした「ワイルド・フラワー」のレコーディング風景も収められている。

夢に向かって突き進む才能ある若者たちリアルな「舞台裏」を映し出す本作に説得力を与えているのは、出演者たちのパフォーマンスシーンの完成度の高さ。エル・ファニングも「どのシーンも素晴らしいパフォーマンス。それを体感するために映画館で観て欲しいわ」と笑顔でコメントを寄せている『ティーンスピリット』はいよいよ本日公開!


1/10公開 映画『ティーンスピリット』特別映像(ストーリー編)
https://youtu.be/AiSm4cyMuPU

1/10公開 映画『ティーンスピリット』特別映像(音楽編)
https://youtu.be/bWhU6A2MpYY


____________________________________________________________

『ティーンスピリット』

2020年1月10日より角川シネマ有楽町/新宿ピカデリーほか全国にて
配給:KADOKAWA
公式HP:https://teenspirit.jp/
(C) 2018 VIOLET DREAMS LIMITED.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34199858

『ティーンスピリット』エル・ファニング&スタッフが語る!レコーディング風景も納めた特別映像2本が公開!!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事