« 天才発明家 VS カリスマ実業家『エジソンズ・ゲーム』勝つためならルール無用!天才エジソンをカンバーバッチが熱演‼ 覇権を争い火花散らす 本予告解禁!! | メイン | 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』C-3PO、ルークやレイアら仲間との全ての思い出が消える...感動の吹替版本編シーン解禁 »

2020年1月29日 (水)

10人目の翻訳家になりかけた!?「ダ・ヴィンチ・コード」日本語翻訳者が明かす裏話 多言語ならでは!驚きの字幕付けエピソードも!!『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』公開記念トークイベント

0129_002


「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ出版秘話に基づく本格ミステリー映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』大ヒット公開中だ。本編を鑑賞した人からは、「騙された!唸った!多言語設定が上手く活かされた驚きのミステリー」といった感想や「一筋縄ではいかない展開、二転三転の連鎖。」、「侮ってました。すみません。」「びっくりした!!これはやばい!!!!」といった驚愕の声が続々と到着しており、SNSでも話題沸騰中!ラストまで刻々と変わっていくまさかの展開に騙される人が急増中となっている。本作の公開を記念してトークイベント付き上映会を実施いたしました。“翻訳家の監禁”という、映画の基となった「ダ・ヴィンチ・コード」出版秘話とも密接に関わりがあり、実際に「ダ・ヴィンチ・コード」、「インフェルノ」の日本語翻訳を手掛けた文芸翻訳者の越前敏弥氏と本作の日本語字幕を担当した原田りえ氏を招きトークイベントが行われ、翻訳家の監禁に関するまさかの裏話や、“翻訳のプロ”から観た本作の見どころをたっぷりと語った。


温かい拍手に迎えられ、場内に登場した越前氏と原田氏。「もう4回も観ているけど、何度観ても発見があったり、逆にこうだと思っていたことがまた分からなくなったり、『007』シリーズにも出演しているオルガ・キュリレンコが、3桁の暗証番号を予想するときに“007”と発言したりと、小ネタも満載の面白い映画です。」と本作を観た感想を語る越前氏。原田氏も「字幕をつけるために何十回と観直しましたが、先生と同じく、その度に新しい発見がある作品でした。静と動の対比が素晴らしくて、リズムも良いですよね。」と本作を絶賛。


原田氏は英語・フランス語・ポルトガル語・スペイン語の4カ国語を操って字幕制作をされていて、まさに本作にうってつけの翻訳家。とはいえ、多言語を扱う翻訳を10年以上続けている彼女でも、この映画ほど言語が飛び交う作品には出会ったことが無かったそうで、「これまでで最多言語を記録しました。(笑)」と苦笑しながら告白。場内にも笑いが起きる中、越前氏から「言語を分ける字幕の記号もユニークでしたね。」と聞かれると「この言語には<>の記号、この言語には《》の記号、というように使い分けていました。字幕は原文のすべてを訳出できるわけではないので、何を活かして何を諦めるか、相談しながら何度も試行錯誤を繰り返しました。」と9人の翻訳家たちを主人公に据えた作品ならではの苦労があったとか。


さらに、本作は「インフェルノ」出版時の実話がベースになっている映画ということで、実際に「インフェルノ」日本語翻訳を担当した越前氏に当時のお話しをお伺いすると、「僕も怖い思いをしそうになったんです。(笑)」と一言。なんと、越前氏の元にも“監禁”のオファーがきていたのだとか…!「ただ、僕の場合は日本の出版社が毅然とした態度で断ってくださったので、実際に監禁にまでは至りませんでしたが…ヨーロッパ圏の翻訳家6人が、出版社の地下に監禁されたそうです。」とまさに当事者からのエピソードが飛び出し、場内も驚いた様子。「実際はここまで厳重ではなかったようだし、食事は出版社の食堂だったらしいから、映画に出てくるほど豪華な食事ではなかったみたいだけど(笑)。」と冗談も交えて驚きのエピソードを明かし、会場を沸かせていた。

越前氏と原田氏の2人が口を揃えて共感できる、と話したのが、劇中、監禁された翻訳家の1人が口にする“1人じゃないと訳せない”というセリフ。原田氏は「その気持ち、すごく分かります。いつも1人で自由に作業しているので、劇中のプレッシャーの中では翻訳なんてできないと思う…」と明かすと、越前氏も「僕もこの状況ではできないな。」とポツリ。本作で描かれる“監禁”という状況が、翻訳家にとってどれだけ異例の出来事であるのかが分かる、“翻訳者”ならではの貴重な本音トークも。


最後には「これまで多くのミステリー作品を訳してきたけど、この映画は細かい所まで含めて、隅々まですごい映画です。ミステリーの手法を語りたくなる映画でもあります。何度でも、観て欲しいですね。」と越前さん。原田さんも「色々な見方ができる作品だと思います。友達と語りあったり、1人で好きなシーンを振り返ったり、ぜひまた観にきてください。」とそれぞれが映画をPRし、トークイベントは幕を閉じた。

____________________________________________________________

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

2020年1月24日よりヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント、新宿ピカデリーほか全国にて順次公開
配給:ギャガ
公式HP:https://gaga.ne.jp/9honyaku
(C)(2019) TRÉSOR FILMS – FRANCE 2 CINÉMA - MARS FILMS- WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRÉSOR - ARTÉMIS PRODUCTIONS

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事