« 2019年11月 | メイン | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月30日 (月)

これぞ、史上最低の映画として名高い<キング・オブ・サイテー映画>!江戸木純 Special Selectionサイテー映画の大逆襲2020!<第2弾>『プラン9・フロム・アウタースペース』総天然色版 爆笑必至の<予告編>解禁!&トークショー実施決定

1227_002


とてつもなくバカバカしく、説得力皆無の珍妙なストーリー、大仰で意味不明なセリフの数々、台本棒読みのダイコン演技、ダサい衣装と学芸会のようなセット、そして哀しいくらいにチープすぎる特撮…、芸術的凡庸さのスペクタクルに、バカと間抜けのオンパレード! すべてがヒド過ぎて、こんなに面白く、愛おしい。ティム・バートン監督の『エド・ウッド』(94)でも、その誕生過程が笑いと涙で描かれるなど、“映画史上最低の映画監督”として名高い、エド・ウッドことエドワード・D・ウッド・Jr自身が、「これぞ私の誇りと喜び」と語った彼の代表作にして最高傑作であり、“映画史上最低の映画”として世界中に知られる<キング・オブ・サイテー映画>『プラン9・フロム・アウタースペース』が、製作から60年、HDカラライズドによる鮮やかな<総天然色版>と、エド・ウッドが意図した<ビスタサイズ>で日本初上陸! このたび、シュトラウスの名曲「ツァラトゥストラはかく語りき」に乗せて本作の、映画愛と哀愁に満ちた驚異の見せ場の数々を紹介する予告編が完成した。

続きを読む »

2019年12月27日 (金)

映画『今日もどこかで馬は生まれる』平林健一監督 単独インタビュー

1227_91


毎年7000頭以上が生産されるというサラブレッド(競走馬)。そのなかで天寿を全う出来るのはごくわずかだ。馬の多くは引退後まだ若いうちに、人間によってその生涯を閉ざされる。『今日もどこかで馬は生まれる』は、競馬業界で“暗黙の了解”とされている引退馬の“その後”に注目したドキュメンタリー映画だ。引退馬の問題に肉薄するべく、競馬に携わるさまざまな立場の人たち――生産者や馬主、ジョッキーに調教師、さらに引退馬に余生を過ごさせる養老牧場の経営者から馬を活かしたビジネスを展開する経営者まで――にカメラを向けた。企画・編集・監督をこなし、彼らホースマンたちからの提言をすくい上げた平林健一監督に話をうかがった。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


続きを読む »

「映像の進化もココまで来たか」と驚きの声続出!!ピーター・ジャクソン監督、100年前のカメラマンに救いの手『彼らは生きていた』予告編解禁!

1227_004


『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどで知られる名匠ピーター・ジャクソン監督の最新作『彼らは生きていた』(原題:They shall not grow old)の日本緊急公開が決定した。本作は、第一次世界大戦の終戦から100年を迎えた節目である2018年にイギリスで行われた芸術プログラム「14-18NOW」と、帝国戦争博物館の共同制作で、帝国戦争博物館に保存されている記録映像を再構築することで誕生したドキュメンタリー映画。イギリス本国のみならず、2019年度のアメリカ・ドキュメンタリー部門でNo.1ヒット、映画批評サイトのロッテントマトにて驚異の100%フレッシュを獲得するなど高い評価を受けている。

続きを読む »

AI 暴走の背景にある家族愛に感動AI(アイ)の歌声に心揺さぶられる主題歌「僕らを待つ場所」映画版 MV が解禁!『AI 崩壊』

1227_003


大沢たかおを主演に迎え、入江悠監督が AI をテーマにオリジナル脚本で挑む 2020 年に見るべきサスペンス超大作『AI 崩壊』が 1 月 31日(金)に公開する。このたび、AI(アイ)が歌う主題歌「僕らを待つ場所」(1 月 14 日配信)の心揺さぶる映画版ミュージックビデオが解禁!大沢演じる AI の開発者・桐生浩介が AI を暴走させたテロリストに断定されてしまうが、入江監督が目指したのは手に汗握るストーリーの中にある緻密な人間ドラマ。突如 AI が暴走したことで試される登場人物たちの“想い”を AI(アイ)が力強く歌い上げる MV となっている。

続きを読む »

ポン・ジュノ監督×ソン・ガンホ 降臨!!「監督の芸術家としての頂点」相思相愛!4 度目タッグのゴールデンコンビが20 年来の信頼で誕生した最新作を語る『パラサイト 半地下の家族』来日記者会見

1227_001


第 72 回カンヌ国際映画祭<最高賞>パルムドール受賞、ポン・ジュノ監督最新作『パラサイト 半地下の家族』(1月 10 日(金)全国公開)。本作は、ゴールデングローブ賞3部門ノミネートを筆頭に、オスカー前哨戦各賞で作品賞はじめ怒涛の受賞、アカデミー賞受賞も有力視されている。27日(金)から TOHO シネマズ日比谷、TOHO シネマズ梅田での特別先行公開に先駆け、本作の主演ソン・ガンホと、ポン・ジュノ監督が『グエムル -漢江の怪物-』以来 13 年ぶりに二人揃っての来日を果たし、記者会見を実施した。

続きを読む »

2019年12月26日 (木)

楽譜に隠された血塗られた秘密とは――『デビルズ・ソナタ』戦慄のミステリアス・ホラー1月3日公開決定&ビジュアル・予告解禁!

1226_003


原題『THE SONATA』が邦題『デビルズ・ソナタ』として、ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催される「未体験ゾーンの映画たち2020」にて1月3日より決定し、あわせて日本版ビジュアル&予告映像が解禁となった。

続きを読む »

映画 『花と雨』(1/17 公開)土屋貴史監督が手掛ける、ディレクターズ・カット版の予告編が解禁!「色々な側面が垣間見れるような予告も見てみたかった」

1226_002


日本の Hip Hop 界で歴史的名盤と言われる SEEDA のアルバム「花と雨」を原案とし、新進俳優、笠松将が主演を務める映画『花と雨』が、2020年1月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開!「言葉ではなく映像で語りたい」という想いを込めた、ディレクターズ・カット版の予告編が解禁!

続きを読む »

あのドン・キホーテも納得の出来栄え!?大注目俳優アダム・ドライバーが陽気に歌って踊るコミカルな映像が解禁!『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』

1226_001


構想 30 年を掛け、9 回も企画が頓挫し、映画史上最も呪われた企画と謳われ第 71 回カンヌ国際映画祭のクロージングを飾り絶賛を受けた『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』が、2020 年1月 24 日(金)より TOHO シネマズ シャンテほかにて全国公開となる。

続きを読む »

2019年12月25日 (水)

『ジュディ 虹の彼方に』世界中から愛されたジュディの人生が今、明らかに ゴールデン・グローブ賞候補の熱演光る予告編解禁!!

1225_001


ハリウッド黄金期を象徴する映画『オズの魔法使』(39)で、17歳にして一躍スターダムを駆け上がり、その波瀾万丈の人生と圧倒的なステージパフォーマンスで、伝説のミュージカル女優として知られるジュディ・ガーランド。彼女が47歳の若さでこの世を去る半年前、1968年の冬に行われたロンドン公演の日々を鮮烈に描いた映画『ジュディ 虹の彼方に』が2020年3月6日(金)に公開となる。この度、そんなジュディの代表作『オズの魔法使』の日本公開からちょうど65周年となる本日12月25日(水)に、日本版予告映像が解禁となった!

続きを読む »

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』“マーゴット VS ユアン” 予測不能なバトルの予感!?超ポップなキャラクタービジュアル解禁!!

1225_005


日本での興行収入 50.1 億円超え/動員 343 万人を突破、R 指定映画初の世界興収 10 億ドル突破の快挙という空前の大ヒットを記録した『ジョーカー』(19)。映画の枠を超えた社会現象を巻き起こした『ジョーカー』に次ぐ DC 映画の最新作が、「悪 VS悪」のバトルを描いた究極のヴィラン映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(2020 年 3 月 20 日公開)。全米 3 週連続 No.1 の大ヒット作『スーサイド・スクワッド』(16)を機にファッションアイコンとして日本中を席巻したジョーカーの彼女、“悪カワ“ハーレイ・クインが本作ではジョーカーと別れ、束縛から解き放たれてクレイジーに覚醒する本作。ハーレイを演じるのはアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(17)、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(19)のシャロン・テート役が記憶に新しい、今ハリウッドで最も輝くミューズのマーゴット・ロビー。マーゴット史上最高に可愛いハマり役、セクシーでクレイジーなのにめちゃめちゃキュートな“悪カワ”ハーレイ・クインが、『スター・ウォーズ』シリーズのユアン・マクレガー演じるサイコな敵ブラックマスクを相手に危険度 MAX で暴れまくる!

続きを読む »




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事