« 『サヨナラまでの30分』オーディションを勝ち取った大注目のヒロイン・久保田紗友が、クリスマスツリー点灯式に人生“初”参加!! | メイン | 杉野遥亮、福原遥、江野沢愛美、江口のりこ、朝倉加葉子監督登壇『羊とオオカミの恋と殺人』完成披露舞台挨拶オフィシャルレポート »

2019年11月 8日 (金)

『潜水服は蝶の夢を見る』主演マチュー・アマルリックも登場 日本でも有名な「医師ガシェの肖像」を描く重要なシーン『永遠の門 ゴッホの見た未来』本編映像解禁

1108_004


『潜水服は蝶の夢を見る』(07)のジュリアン・シュナーベル監督最新作『永遠の門 ゴッホの見た未来』(原題:At Eternity’s Gate)が11月8日(金)より全国順次公開中だ。シュナーベル監督に「この役は、彼しか考えられなかった」と言わしめた主人公フィンセント・ファン・ゴッホを演じたウィレム・デフォーは、本作で第75回ヴェネチア国際映画祭で最優秀男優賞に輝き、さらにアカデミー賞主演男優賞に初ノミネートを果たして大変な注目を集めた。


本作が描くゴッホは世の中で認められず、近しい芸術家たちとも真っ当な人間関係を築けず、常に孤独の中に生きます。そんな彼が唯一才能を認め合い、心の内をさらけ出すことのできたポール・ゴーギャンとの出会いと、共同生活の破綻。そして、いまだ多くの謎が残る死――。生きているうちに誰にも理解されなくとも、自分が見た<世界の美しさ>を信じ、筆を握り続けたゴッホ。不器用なまでに芸術と向き合った孤高の画家が、自らの人生を通して何を見つめていたのかを、『潜水服は蝶の夢を見る』で話題を呼んだ鬼才監督ジュリアン・シュナーベルが渾身の力で描いた圧倒的映像美で贈る、珠玉の感動作。


本作より、本編映像が解禁となった。解禁されたのは、ゴッホが晩年を過ごしたオーヴェル=シュル=オワーズで出会い、ゴッホの最期を看取ることになるガシェ医師(マチュー・アマルリック)とゴッホが“絵を描くこと”、“永遠”に関して対話をする重要なシーン。「芸術家とは何かー」という大きなテーマに向き合うゴッホは「今は自分と永遠との関係しかない」という答えに行きついたことを吐露し、悲しい影を宿しながらも、何かを悟ったようなゴッホはスッキリした表情を見せる。脚本を手掛けた、自身もアーティストであるジュリアン・シュナーベル監督が持論をも重ね合わせたセリフ、と考えると、より一層、このシーンの重要さが伺えます。シュナーベル監督作『潜水服は蝶の夢を見る』(07)に主演し、数々の賞を受賞したマチュー・アマルリックも「僕の演じるガシェは、どうして絵を描くのかとゴッホに尋ねる。これが、監督がこの映画で提議している質問だ。」と、このシーンが作品の本質を捉えていると語る。

このシーンでゴッホが描いている「医師ガシェの肖像」は、マチュー・アマルリックを元にジュリアン・シュナーベル監督をはじめとする絵画製作チームが手掛けており、監督から実際に指導を受けたウィレム・デフォーが実際に筆を入れている様子も映し出し、作品により一層のリアリティを与える。

【公式】『永遠の門 ゴッホの見た未来』11.8公開/本編映像2
https://youtu.be/po5CxJj115M  

____________________________________________________________

『永遠の門 ゴッホの見た未来』

2019年11月8日 より 全国にて
配給:ギャガ、松竹
(C) Walk Home Productions LLS 2018

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事