« ペドロ・コスタ監督最新作『ヴィタリナ(仮)』劇場公開決定! | メイン | ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演最新作!ハリウッド屈指の製作スタッフが集結!『ネバー・ダイ 決意の弾丸』予告・ポスター解禁 »

2019年11月22日 (金)

『ダウントン・アビー』歴史ある重厚な屋敷で豪華絢爛な衣裳を纏い、彼らが大スクリーンに帰ってくる!ファン必見、日本語吹替版上映が決定!吹替版制作スタッフ&キャストからコメントも到着!優美でシックなキャラクターポスターも一挙公開。

1122_007


20世紀初頭を舞台に大邸宅“ダウントン・アビー”で暮らす貴族クローリー家とその使用人たちの生活を描いた、英国傑作ドラマが待望の映画化!2010年9月の放送開始以来、ゴールデングローブ賞やエミー賞に輝き、世界200以上の国と地域で大ヒットした傑作ドラマシリーズが遂にスクリーンへ!『ダウントン・アビー』が2020年1月10日(金)、TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショーとなる。


舞台はテレビシリーズ最終回から2年後の1927年。英国国王夫妻の「ダウントン・アビー訪問」という一大事に、グランサム伯爵家の長女メアリーはかつての執事カーソンと共に、パレードや豪勢な晩餐会の準備にあたる。そんな中、一族やメイドたちのスキャンダル、ロマンス、陰謀が次々と明るみに。メアリーは重要な決断を迫られることになる・・・。


脚本はドラマに引き続きアカデミー賞®脚本賞受賞のジュリアン・フェローズ。キャストはアカデミー賞®受賞のマギー・スミスほかテレビシリーズから引き続きおなじみのヒュー・ボネヴィル、ジム・カーター、ミシェル・ドッカリー、エリザベス・マクガヴァンほかファン待望の顔が勢ぞろい。そして映画版で初登場のアカデミー賞®ノミネートの名女優イメルダ・スタウントン(『ヴェラ・ドレイク』)は、マギー・スミスと丁々発止の傑作場面を見せてくれる。

字幕版上映に加え、日本語吹替版の上映が決定!吹替版制作スタッフ・キャストはテレビシリーズより続投している。シリーズ、映画版の日本語吹替版の演出を務めた伊達康将氏、マギー・スミス演じる先代グランサム伯爵未亡人・ヴァイオレット役を演じる一城みゆ希さんより本作への絶賛コメントも到着。


▼伊達康将(「ダウントン・アビー」日本語吹替版・演出)
初めてご覧になる方も十分に楽しめます。テレビシリーズからずっとご覧になっていた方は数倍楽しめると思います。
イギリスに興味のなかった方も、貴族の生活に興味のなかった方も、人間ドラマとして感動することをお約束できると思います。


▼一城みゆ希(ヴァイオレット・クローリー役)
大ヒットテレビシリーズ『ダウントン・アビー』、びっくりするようなストーリーの展開!
懐かしいシーンが新しい形で登場して、思わず涙が...。
是非、日本語吹き替え版で私たちに逢いに来て下さい!劇場で皆様をお待ちして居ります!!

映画版キャラクターポスターも一挙公開。世界中を虜にしたダウントンの愛すべきキャラクターが一堂に会し圧巻だ。伝統と格式、献身と信頼、愛情と嫉妬――階級制が存在し、いわば格差社会の縮図とも言うべき邸宅のそれぞれの立場で繰り広げられる人間模様に、一瞬たりとも目が離せない。ロイヤルファミリーを迎えるこの一大イベントとともに、ロマンス、スキャンダル、陰謀が絡まりあう中、歴史的な一日が始まる・・・。11/22 よりムビチケ前売券(カード)が発売スタート。全国の上映劇場限定の前売特典には、クリスマスプレゼントや御年賀などにもぴったりなラグジュアリーなミニクリアファイル(A5 サイズ※数量限定)が付いてくる。

____________________________________________________________

『ダウントン・アビー』

2020年1月10日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて
配給:東宝東和
公式HP:https://downtonabbey-movie.jp/
(C)2019 Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc.

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事