« 寺脇研×前川喜平 企画!映画『子どもたちをよろしく』2020年2月29日(土)よりユーロスペースにて公開決定‼ | メイン | 『ハチとパルマの物語』製作発表記者会見 »

2019年11月15日 (金)

あまりにヒドすぎて、こんなに面白く、愛おしい。映画愛が試される究極の映画体験!これぞ一生の語り草!!『サイテー映画の大逆襲2020!』ついに蘇る、あの伝説の史上最低2大傑作。 『死霊の盆踊り』HDリマスター版&『プラン9・フロム・アウタースペース』総天然色版 爆笑必至の<特報>&メインカット解禁!

1115_101


あの伝説の映画が帰ってくる! その邦題を聞いただけで映画ファンの誰もが爆笑する究極のカルト・ムービーにしてロッテン・トマト0%という驚異の満足度も輝かしい『死霊の盆踊り』、そしてティム・バートン監督の『エド・ウッド』でもその誕生過程が笑いと涙で描かれた“史上最低の映画監督” エドワード・D・ウッド・Jrの最高傑作『プラン9・フロム・アウタースペース』。


ともに“史上最低”の称号を与えられ、世界中で数多くの傑作や名作以上に愛され続ける2本の“サイテー映画”。すべてがあまりにヒド過ぎて、こんなに面白く、愛おしい。この“サイテー映画”の2大金字塔が、『死霊の盆踊り』の名づけ親であり、『ムトゥ 踊るマハラジャ』、『処刑人』などの話題作を日本へ紹介したことでも知られる映画評論家・江戸木純の総合プロデュースによる<サイテー映画の大逆襲2020!>と銘打ち、令和最初の年越し、再びスクリーンにHDリマスター&総天然色版で奇跡の復活を遂げることが決定!


このたび、各作品の迷場面を抜粋した爆笑必至の特報が完成した。
驚くほど緩くいい加減な演出と台本棒読みのダイコン演技、大仰でナンセンスなセリフの数々、説得力皆無の大胆なストーリー、女幽霊たちが狂ったように踊り続けるトップレスダンスの無間地獄、ダサ過ぎる衣装とチープな特撮…、芸術的なまでの凡庸さのスペクタクルに、バッドテイストと間抜けのオンパレード! 


全編を貫く哀しいまでの才能の欠如にもかかわらず、しかし、そこには映画への愛が濃厚に満ち溢れ、やがてそれは見る者を恍惚とさせ、信じられない快感と爆笑の渦に陶酔させる。これぞ、あなたの映画愛が試される究極の映画体験! この2作をスクリーンで見ることは、まさに一生の語り草、これを見ずして映画を語ること無かれ!!


■『サイテー映画の大逆襲2020!』 特報
https://youtu.be/A8MmGEXSyh4

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『死霊の盆踊り』 HDリマスター版

2019年12月28日(土)より、シネマカリテにて公開
配給:エデン
提供:ポニーキャニオン+エデン
原題:ORGY OF THE DEAD
日本語版字幕:松浦美奈
(1965年/アメリカ/英語/セクシーカラー/アストラヴィジョン/91分/映倫G)
公式HP:http://www.eden-entertainment.jp/saitei2020/
(C)1965 Astra Productions, under license from Vinegar Syndrome  


『プラン9・フロム・アウタースペース』 総天然色版

2020年1月11日(土)より、シネマカリテにて公開
配給:エデン
提供:ポニーキャニオン+エデン 
原題:PLAN9 FROM OUTERSPACE IN COLOR
日本語版字幕:江戸木純
(1959年&2006年/アメリカ/英語/カラー/ビスタサイズ/79分/映倫 G)
公式HP:http://www.eden-entertainment.jp/saitei2020/
(C)Legend films.

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事