« 究極の悪役男優――渋川清彦・山中 崇 監督と語る悪役【クズ野郎】の裏側とはー?『閉鎖病棟―それぞれの朝―』公開記念トークイベント | メイン | 映画『サイゴン・クチュール』監督来日記者会見&トークショーに野宮真貴ほかゲストが登壇!野宮真貴「ポップでキュート!ピチカート・ファイヴのようなファッションがたっぷり」 »

2019年11月14日 (木)

恩田陸、西川美和、平野啓一郎ら人気作家から絶賛の嵐!!1 万5千冊をデザインした装幀者・菊地信義と本をつくる人々のドキュメンタリー12/14(土)公開『つつんで、ひらいて』予告編解禁!!

1114_006


是枝裕和監督率いる映像クリエイター集団「分福」に所属し、柳楽優弥主演『夜明け』や志尊淳主演「潤一」で知られる広瀬奈々子監督の最新作『つつんで、ひらいて』(12月14日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開)の予告編が完成した。


本作は、空前のベストセラーとなった俵万智「サラダ記念日」をはじめ、1万5千冊以上もの本をデザインした稀代の装幀者・菊地信義と、本をつくる人々を追ったドキュメンタリー映画。美しく刺激的な装幀で読者を魅了し、大江健三郎、古井由吉、浅田次郎、平野啓一郎、金原ひとみら名だたる作家たちに愛されてきた菊地に3年間にわたり密着。手作業で一冊ずつデザインする指先から、本の印刷、製本に至るまでの過程をとらえ、「読者が思わず手に取る美しい本」が生まれる舞台裏に迫っている。


本作をいち早く観た作家、恩田陸は「装幀家。生まれ変わったら一度でいいからなってみたい」と装幀家への憧れを語り、映画監督で作家の西川美和は「紙がどういう風に印刷され、製本されるのかを見せてもらえてとても有難かったです。1冊の本が出来る裏側では、これだけの人が関わっていて、もの作りというものに没頭する人々がいる。」と、本づくりの舞台裏を支える人々の姿に感動。


菊地が装幀を手掛けた「決壊」の著者・平野啓一郎は「自分の書いた小説も、まるで菊地さんのデザインに寄与するために書かれたような感じがする」と、菊地に最大級の賛辞を捧げた。また予告編と同時に、菊地信義と、映画に登場する弟子の水戸部功がデザインを手掛けた、前代未聞の“立体的宣伝ポスター”も公開された。「本をポスターにしよう」という発想でデザインされたポスターは、平面ではなく立体。ブックカバーをイメージした本体に、本のページが貼り付けられ、中をひらくと映画の説明を読むことができる。まさに「ポスターで本を読む」体験ができる驚きの仕掛けになっている。『つつんで、ひらいて』の映画タイトルにちなみ「折り畳まれた状態から開く」形状となっており、折り目をタブーとするポスターの常識を打ち破る「折り目まで美しくデザインされた」ポスターが完成した。こちらの立体的宣伝ポスターは、本作を上映する全国各地の映画館で飾られる予定だ。

装幀家。生まれ変わったら一度でいいからなってみたい、
ずっとずっと妬みつつも憧れている職業です。
―恩田 陸(小説家)

ひとりの書き手として、紙がどういう風に印刷され、製本されるのかを見せてもらえて
とても有難かったです。1冊の本が出来る裏側では、これだけの人が関わっていて、
もの作りというものに没頭する人々がいる。そのことにすごく感動しました。
―西川美和(映画監督・小説家)

菊地さんの膨大な仕事の中で、『決壊』が近年の重要な作品として挙げられるのを見るにつけ、私は、誇らしい気持ちになる。自分の書いた小説も、まるで、菊地さんのデザインに寄与するために書かれたかのような感じさえしてくるのだ。
―平野啓一郎(作家)

本には二つの言葉が宿っている。目に見える言葉と、目には見えないもう一つの「コトバ」だ。この映画を見ていると、目に見えるものは、目に見えないものへの扉であることが分かってくる。そして、仕事にいのちを吹き込み、意味あるものにするのは、未知なる者への愛であることも。
―若松英輔(批評家・随筆家)

12月上旬公開映画『つつんで、ひらいて』予告編
https://youtu.be/lMzfwXz9gSo


____________________________________________________________

『つつんで、ひらいて』

2019年12月14日よりシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開
配給:マジックアワー
公式HP:https://www.magichour.co.jp/tsutsunde/
(c)2019「つつんで、ひらいて」製作委員会

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事