« 『108~海馬五郎の復讐と冒険~』この秋最もバカバカしくて笑える夫婦喧嘩勃発 夫・松尾スズキに浮気を疑われた妻・中山美穂が逆切れ!?コメディエンヌとして新境地開拓の中山美穂に注目 | メイン | 佐藤勝利&髙橋海人「立ち上がれ今だ、早く!早く!早く!」300人の現役高校生と理不尽なルールに立ち向かい、熱い叫びで悪天候をも吹き飛ばす!!“立ち上がれ今だ、早く!”『ブラック校則』 自由はそこにある!<高校生限定>緊急集会! »

2019年10月21日 (月)

ゴッホとゴーギャン2人の激動の関係を大きく動かす再会 監督が新たに唱える 2人の天才画家の美しい関係とは・・?『永遠の門 ゴッホの見た未来』本編映像解禁

1021_007


『潜水服は蝶の夢を見る』(07)のジュリアン・シュナーベル監督最新作『永遠の門 ゴッホの見た未来』(原題:At Eternity’s Gate)が11月8日(金)より全国公開となる。


シュナーベル監督に「この役は、彼しか考えられなかった」と言わしめた主人公フィンセント・ファン・ゴッホを演じたウィレム・デフォーは、本作で第75回ヴェネチア国際映画祭で最優秀男優賞に輝き、さらにアカデミー賞主演男優賞に初ノミネートを果たして大変な注目を集めた。


本作が描くゴッホは世の中で認められず、近しい芸術家たちとも真っ当な人間関係を築けず、常に孤独の中に生きる。そんな彼が唯一才能を認め合い、心の内をさらけ出すことのできたポール・ゴーギャンとの出会いと、共同生活の破綻。そして、いまだ多くの謎が残る死――。生きているうちに誰にも理解されなくとも、自分が見た<世界の美しさ>を信じ、筆を握り続けたゴッホ。不器用なまでに芸術と向き合った孤高の画家が、自らの人生を通して何を見つめていたのかを、『潜水服は蝶の夢を見る』で話題を呼んだ鬼才監督ジュリアン・シュナーベルが渾身の力で描いた圧倒的映像美で贈る、珠玉の感動作だ。

この度本作より、本編映像が解禁となった。まだ見ぬ光を求めて辿り着いた南フランス・アルルで、心酔するゴーギャンの到着を待ちわびていたゴッホ。今回解禁された映像では、ゴーギャンがようやくアルルに到着し、久々の再会を果たしたゴッホとゴーギャン、2人の様子が描かれています。地元の人ともトラブルが続き、孤独を感じていたゴッホは、「ずっと君を待ってた」と、ゴーギャンをすがるような眼で見つめ、思いがけず笑顔がこぼれ落ちる。そんなゴッホにゴーギャンは、ゴッホの弟・テオと「生活費の引き換えに絵を送る」という約束があることを明かし、再会の喜びもそっちのけで、すぐさま共にテーブルを囲んでいたジヌー夫人に絵のモデルを頼む。ゴッホのゴーギャンへの思いに比べ、ゴーギャンのそれはそこまで情熱的なようには見えず、多くの映画でも、「嫌な奴」、「ゴッホを一方的に無下にした」と描かれるゴーギャンだが、この映画では、そのゴッホとゴーギャンの関係に関しても新たな説を唱える。シュナーベル監督が「ゴッホにとってはゴーギャンがどう考えていたかが大事だったからね。そしてゴーギャンもまたゴッホのことを気にかけていたというのが事実なんだ。」と語る、この2人の間に流れる、美しく、情熱的な関係は劇場で!

【公式】『永遠の門 ゴッホの見た未来』11.8公開/本編映像
https://youtu.be/P20qMaKlRak 

____________________________________________________________

『永遠の門 ゴッホの見た未来』

2019年11月8日 より 全国にて
配給:ギャガ、松竹
(C) Walk Home Productions LLS 2018

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事