« 『わたしは光をにぎっている』ノベライズ本が発売決定!「歌を作れると思った」主題歌担当のカネコアヤノによるあとがきも | メイン | 『ブルーアワーにぶっ飛ばす』ファンからの熱い想いを受け緊急舞台挨拶 開催!!箱田監督からの心のこもったサプライズの手紙に夏帆、感涙! »

2019年10月17日 (木)

“ボリウッド”ザコシショウ、まさかの乱入!?誇張ネタ披露するも、会場騒然 「これは地獄…」『ロボット2.0』スペシャルイベント

1017_008


インドのスーパースター・ラジニカーントとアカデミー賞スタッフが贈る超大作『ロボット2.0』が10月25日(金)より新宿ピカデリー他全国公開となる。映画コメンテーター・有村昆が登壇したスペシャルイベントが実施された。さらに特別ゲストとして、本作の醍醐味、「意味わからんけど面白い」があまりにもしっくりくる奇抜な芸風でおなじみのピン芸人・ハリウッドザコシショウが乱入!!劇中に登場する奇想天外な武器「360度マシンガン」を装備して、大暴れ!ハリウッドザコシショウ改め、ボリウッドザコシショウが、意味わからんけど面白すぎる新ネタも披露した。

世界最強ロボット「チッティ」と人類の壮絶なバトルに、“意味わからんけど面白い”と日本中で話題となった前作『ロボット』から7年。再び国家の危機にさらされるインドを救うため、チッティが再起動して前作以上に暴れまくる『ロボット2.0』が、10月25日(金)にいよいよ日本公開となる。本作の公開を記念して、10月16日(水)に渋谷のユーロライブにて、スペシャルイベントが行われた。


インド映画の中でも群を抜いてぶっ飛んでいると既にSNSで話題の本作。観客の期待で会場が熱気に包まれるなか、映画コメンテーターの有村昆が登壇。さっそく本作のポイントについて、「CGが凄い!」と高らかに宣言。また、『アベンジャーズ』シリーズなどのVFXを手掛ける製作会社「ダブル・ネガティブ」を中心に、ハリウッドで活躍するスタッフが3000人も参加していることに触れ「3000人を投じてこれをやってるんだという、バカバカしさが凄い!」と、ぶっちゃけトークを披露し観客を笑わせた。

有村の軽快なトークで盛り上がっていると、劇中でチッティが披露する奇想天外なアクションの1つ、「360度マシンガン」を装着したお笑い芸人・ハリウッドザコシショウが本作を応援するために登場!!インド映画が通称“ボリウッド映画”と呼ばれていることから、自身を「ボリウッドザコシショウです!!!!」とハイテンションで自己紹介。サプライズ登場に会場から驚きと歓喜の声が上がるなか、お馴染みの持ちネタ披露。


また、今回のイベントのためだけに、「誇張しすぎた『ロボット2.0』」という新ネタを作ってきたハリウッドザコシショウ。装着した「360度マシンガン」を「ババババババ!!」と打つふりをしながら、自分で自分の頭を空のペットボトルで叩きまくる!!誰も予想していなかったまさかの動きに、有村は「これは地獄ですよ」と笑いながらコメント。会場を一気に混沌とさせたハリウッドザコシショウは、本作の好きなシーンについて聞かれると、「最終決戦のシーン!ビック2が戦っていて、プロレスみたいだった」と先ほどのネタとは打って変わって真面目にコメント。続けて、本作で描かれる無数のチッティVS巨大な鳥の壮絶バトルを引き合いに、「大きな相手に小さいボケを連発して戦っていくところは、お笑いと通じる部分があって面白い」と独自の目線から、本作について熱く語った。

しかし、最後に有村が本作の見どころを「こんな映画を作る中二病みたいな人たちがいる。そのセンスにほっこりする。」とまとめだすと、ハリウッドザコシショウが小ボケを何度も挟みだし、再び会場を混沌と笑いで包んでイベントは大盛況で幕を閉じた。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――

『ロボット2.0』

2019年10月25日より新宿ピカデリーほか全国にて
配給:アンプラグド・KADOKAWA
公式HP:https://robot2-0.com/
(C)2018 Lyca Productions. All rights reserved.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34193292

“ボリウッド”ザコシショウ、まさかの乱入!?誇張ネタ披露するも、会場騒然 「これは地獄…」『ロボット2.0』スペシャルイベントを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事