« “キングスマン”の超過激な誕生を目撃せよ! 過激でスタイリッシュなアクション満載!!『キングスマン:ファースト・エージェント』本予告映像解禁 | メイン | 『わたしは光をにぎっている』ノベライズ本が発売決定!「歌を作れると思った」主題歌担当のカネコアヤノによるあとがきも »

2019年10月17日 (木)

『ジョーカー』公開から<12 日間>で早くも興行収入<20 億円>突破!

1017_004


孤独だが心優しかった男が<悪のカリスマ>に変貌していく衝撃のドラマを、アカデミー賞常連の実力派スタッフ・キャストで描くサスペンス・エンターテイメント『ジョーカー』が 10/4(金)より公開され、全米・日本を含む<世界 66 カ国>でNo.1 を記録。高い満足度と衝撃の内容に、早くも映画の枠を超えた社会現象を巻き起こしている本作。

米サイト「Box Office Mojo」(10/14 付け)によると、10/11(金)~13(日)で 5586 万 1403 ドル(60 億 5430 万円)を記録。週末ランキングで 2 週連続 No.1 の大ヒットとさらなる快進撃を続ける結果となった。さらに世界興行収入は 5.4 億ドル(590 億円)を超えており(※10/14 付け「Box office mojo」調べ※1 ドル=108.38 円換算)米・映画批評家サイト RottenTomatoes のオーディエンス・スコアも 90%と非常に高い満足度を維持し続けている。


爆発的な大ヒット快進撃となっている日本でも週末ランキングで 2 週連続の No.1 を記録。日本において、アメコミ映画が 2 週連続 No.1 になるのは、『アメイジング・スパイダーマン』以来、なんと 7 年ぶり!異例の快挙となった。3 連休の週末は10/12(土)、13(日)と台風による荒天で閉館する映画館が相次ぐ中、連休最終日の 10/14(祝)は初週末の日曜日(10/6(日))の興収対比 94.41%と 2 週目にも関わらず、1 週目から落ちのない興行となった。


そして、これまでの日本での DC 映画の興行収入記録『ダークナイト ライジング』(最終興収 19.8 億/2012 年)、コアファンのリピーターが多かった『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(同 18.1 億/2015 年)の最終興行収入を公開後 11 日目で超え、その勢いはさらに加速。公開 12 日間(10/4~15)で、動員数:1,415,587 人、興行収入:2,086,726,500 円と早くも 20億円を突破!公開 24 日間で興収 20 億を突破した『ゼロ・グラビティ』(同 32 億/2013 年)より 12 日早い『ジョーカー』。


DC 映画史上最速となるスピードで拡大し続けている『ジョーカー』旋風は、DC 映画ファンやリピーの枠を超え、ジョーカーを初めて知る幅広い層の観客に受け入れられた結果といえる。映画の歴史を変えるほどの圧倒的な作品力かつ唯一無二の鑑賞後感から、公開日から早くもリピーターとなった人の声も続々と SNS 上を飛び交っている。


第 76 回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、今年一番の拍手喝采とブラボーの嵐と共に 8 分間のスタンディング・オベーションが巻き起こり、最高賞となる<金獅子賞>を受賞した本作。日本公開後にも、鑑賞者から「やっとジョーカーみれた...映画館ほぼ満席で終わった後、拍手喝采がすごかった」、「ジョーカーものすごく良かった。映画館も R15+なのに超満員。最後拍手すら起こってた」とヴェネツィア国際映画祭さながら、終映時に自然と拍手が巻き起こる異例の事態となっているとSNS 上で話題に。さらに「ジョーカー2 回目はいろんな視点で観られて楽しかった」、「他人の考察みているとジョーカーもう1回観たくなる」、「『ジョーカー』2 回目見て色々気になり、もう 3 回目が見たいです」というリピーターも相次ぎ、「巷で話題のジョーカー見てきた。 アメコミ映画を見るのは初めてなんだけど、良い映画だった」、「ジョーカー観てきました。前知識無しだったけど楽しめました」、「知り合いは観て感動してたが、ジョーカーがバットマンの登場人物だということも知らなかった」と、ジョーカー初心者からの高い評価が広く拡散されている。


そして、早くも映画館を超えた『ジョーカー』の現象が始まっている。劇中で印象的に何度も登場する“階段”がブームになっているのだ。映画の冒頭で、アーサーはくたびれた様子で足を引きずるようにして階段を上る。監督・製作・脚本を担当したトッド・フィリップスは、「アーサーは世の中の苦労をひとりで背負うかのように“重い足取り”で歩く。ところが、後のシーンで階段を下るアーサーはまるで別人のようだ。身のこなしも、まったく違う」と語るその階段が、今、世界中から注目浴びている。Google マップでは“Joker Stairs(ジョーカーの階段)”と登録され、日本人も含めて、この階段の場所に足を運び、ジョーカーと同じポーズで撮影した写真を SNS に投稿する“聖地巡礼者”が続出している。映画鑑賞の枠をも超えて社会現象となっている本作。世界中で『ジョーカー』旋風が巻き起こり、今後どこまで成績を伸ばし続けるのか期待が高まっている。


____________________________________________________________

『ジョーカー』

2019年10月4日より 全国にて
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/jokermovie/
(C) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & (C) DC Comics

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34193285

『ジョーカー』公開から<12 日間>で早くも興行収入<20 億円>突破!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事