« 松重豊、北川景子、濱田岳、山中崇、伊東四朗 登壇!!松重豊は北川景子に怒られたい!?景子の父・伊東四朗からの婿いびりに場内爆笑!!映画『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』 完成披露上映 | メイン | 鬼才ギャスパー・ノエ監督登壇!ファンと共に一夜限りの絶頂<クライマックス>!ギャスパー「安全ベルトを締めて観てください」『CLIMAX クライマックス』日本最速上映 ギャスパー・ノエ監督トークイベント »

2019年9月12日 (木)

『ヒンディー・ミディアム』壮絶な“お受験”も、「構えずに笑ってもらえたら」インドの名優イルファーン・カーンの貴重なインタビュー映像解禁!

0912_008


ハリウッドでも活躍するインドの名優イルファーン・カーンを主演に、“インドのお受験”をテーマに笑いと感動で包む珠玉の教育エンタテインメント『ヒンディー・ミディアム』が、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで大ヒット公開中だ。



本作は、デリーの下町で洋品店を営む夫婦が、娘の“お受験”のために階級を飛び越え富裕街に貧民街にと住まいまで変えて悪戦苦闘する中で、人生において本当に大切なことに気付くまでを描いていく、笑いと涙の珠光の教育エンターテイメント。


タイトルの“ヒンディー・ミディアム”とはインドで“ヒンディー語で授業を行う公立学校”のことを指す。一方で、ラージとミータはピアを入学させようと奮闘するのは、英語で授業を行う私立の名門校を指す“イングリッシュ・ミディアム”。映画はインドで実際にあった父親が学位しか持っていなかったため娘の入学を拒否されたという驚愕の出来事をもとに、ふたりと同じように高等教育を受けることができなかった親達への丁寧なヒアリングを経て制作され、“英語”が何より重視されるインドの教育の現状と競争の狂乱をお受験に翻弄される夫婦の姿を通じてコメディータッチで描いていく。

家族想いでありながらおおらかで、どこか抜けたところもある一家の大黒柱ラージを演じたイルファーン・カーンの貴重なインタビュー映像が解禁となった。


イルファーンは、『アメイジング・スパイダーマン』『インフェルノ』など多くのハリウッド映画に出演する一方で、『めぐり逢わせのお弁当』『スラムドッグ$ミリオネア』など数多くのインド系作品で高い評価を受けてきた名優。本作でラージをコミカルに演じ、インド国内の映画賞である国際インド映画アカデミー賞、スター・スクリーン・アワード、フィルムフェア賞で主演男優賞3冠を果たした。本作の後、長期療養を行っていたが、今年4月に本作の続編「Angrezi Medium」(原題)で撮影に復帰した。


ラージとのミータは娘の将来のために私立の名門小学校の受験に臨むが、結果は全滅。藁をもつかむ思いで、ある進学校が設けていた低所得者層のための入学優先枠に狙いを定め、下流層が暮らす地区に引っ越して低所得者になりすますなど、ふたりの“お受験”はエスカレートしていく。その状況について、イルファーンは「彼らは自分のアイデンティティを変える必要すらある。もちろんコメディ映画だから、教育問題を笑える形でユーモラスに提示した」と説明し、「そこでも身分を明かすわけにいかず、新たな窮地に陥るんだ。そこの住人と仲良くしながらウソをつき通すのはつらい」とラージ達の心境を代弁する。その一方で、「でも演じていて愉快ではあったよ」と振り返る。


ラージの美しき妻で学歴コンプレックスゆえ教育ママでもあるミータを演じるサバー・カマルは、パキスタンで最も活躍するトップ女優のひとりで本作がインド映画初出演。彼女について、「すばらしい。魅力的な役者でユーモアのある女性だ。共演できて楽しかった」とコメント。彼ら夫婦が魅せる凸凹夫婦の軽妙なコンビぶりにもぜひ注目したい。


ハリウッドで活躍する俳優として、ボリウッドがそこから学べることがあるとすればという質問には、「今の世代はうまくやってる。世界的な視野を持ち、映画制作をしている。世界中の心に響く普遍性のある映画作りが必要だ。ハリウッドは長年それをしてきた」などと、自身の主演作『めぐり逢わせのお弁当』を交えながら熱っぽく語る。最後に、「世間の親が経験する困難をユーモラスに描いているよ。構えずに笑ってもらえたら嬉しい」と観客にメッセージを寄せてくれた。


「ヒンディー・ミディアム」イルファーン・カーン 特別インタビュー映像!
https://youtu.be/axFlpKX1lG4 


―――――――――――――――――――――――――――――――――――

『ヒンディー・ミディアム』

2019年9月6日より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて
配給:フィルムランド、カラーバード
公式HP:http://hindi-medium.jp/

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事