« 『ドッグマン』人間も犬も名演技のオンパレード!“人間観察のプロ”であるクリエイター陣が切れ味抜群の不条理悲喜劇を大絶賛!各界著名人より推薦コメントが到着 | メイン | 『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』没後50年記念緊急公開決定!メインビジュアル&予告編解禁 »

2019年8月 7日 (水)

『存在のない子供たち』いまを生きる“存在のない子供たち” 主人公の少年のノルウェー新生活特別映像が公開

0807_006


是枝裕和監督作『万引き家族』とともにカンヌ国際映画祭を震わせ、コンペティション部門〈審査員賞〉〈エキュメニカル審査員賞〉を受賞、本年度ゴールデン・グローブ賞ならびにアカデミー賞®〈外国語映画賞〉にノミネートされたナディーン・ラバキー監督最新作『存在のない子供たち』がシネスイッチ銀座ほかにて全国公開中だ。

「両親を訴える―僕を産んだ罪で。」両親を告訴するという衝撃的なオープニングから心を鷲づかみ、物語をひと息に過去へと遡らせ、その理由と経緯をつぶさに描き出した世界を揺るがした衝撃作。特別映像が公開となった。本作が多くの人々の琴線に触れ、大きな反響を呼んでいる理由として、ストリートキャスティングによって演技未経験の登場人物と似た境遇のキャストの起用により、現実とフィクションの狭間で生み出された言葉と表情を捉え、しかと映し出す演出の強さによるところが大きい。同名の役名で主人公のゼインを演じたゼイン・アル=ラフィーアは、シリアからの難民であったが、本作の撮影終了後、彼の一家はノルウェーへの移住が認められ、今は彼の地の学校に通い新生活を送っている。

ゼイン「色々とたくさんの事が変わったよ。前みたいに、荒んだ人間ではなくなり、穏やかな人間になった。前は、誰彼構わず、喧嘩をふっかけていた。」読み書きができなかったゼインは学校へ通い成績優秀だという。状況が変わったのはゼインだけではない。ゼインの大切な妹サハル役を演じたシドラ・イザームもベイルートの学校に入り、クラスで1番の優等生に。映画館に一度も行った事がなかった少女はナディーン・ラバキー監督と過ごした時間と撮影を経て、いまの夢は映画監督になることだという。ヨナス役の赤ちゃんは母とケニアに戻り、幼稚園に通い始めた。先日来日したラバキー監督は新プロジェクトとして、ゼインを中心としたドキュメンタリーを制作中とのこと。またラバキーはキャスト支援のため、「カペナウム基金」を設立し映画製作後も支援を続けている。


原題の『カペナウム』とは「混沌・修羅場」という以外に「奇跡」という意味も併せ持つと来日時にラバキーは明かしている。映画の力を信じて数々の困難を乗り越え生み出された奇跡のような本作のキャストたちの“今、これから′′の姿をおさめたというドキュメンタリーの続報を待ちたい。

『存在のない子供たち』ノルウェーでのゼイン
https://youtu.be/eSbv3B8BO04


―――――――――――――――――――――――――――――――――――

『存在のない子供たち』

2019年7月20日よりシネスイッチ銀座、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国にて
配給:キノフィルムズ/木下グループ
(C)2018MoozFilms


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34187523

『存在のない子供たち』いまを生きる“存在のない子供たち” 主人公の少年のノルウェー新生活特別映像が公開を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事