« ジュリアン・ムーア×渡辺謙×加瀬亮 日米豪華キャスト共演!『ベル・カント とらわれのアリア』日本公開決定&ポスタービジュアル解禁 | メイン | エル・ファニングたっての希望で実現!アニメーション版『眠れる森の美女』のドレスが実写で登場!豪華で美しいピンクのドレスをまとったオーロラ姫の画像解禁『マレフィセント2』 »

2019年8月21日 (水)

直木賞作家 島本理生が女性の本音をえぐった問題作、映画化決定!『Red』夏帆、最低で最愛の“悪い男”妻夫木聡に堕ちていく――

0821_004


現代女性の恋愛心理描写を巧みに表現し、女性から圧倒的な支持を得る直木賞作家・島本理生が、初めて官能の世界に挑んだ「Red」。刊行当初、あまりにも衝撃的な内容のため賛否両論となった小説が、禁断の映画化、2020年2月新宿バルト9他全国ロードショーが決定した。平凡な結婚、可愛い娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった村主塔子。10年ぶりに昔の恋人・鞍田秋彦に再会をする。「君は、変わってないな――」鞍田は、塔子の気づかなかった心の隙間に悪魔のように入り込んでくる。そして運命は予想もしない方向へ走り出す――


体温が2℃上がる――。
夏帆と妻夫木聡、極限の濃密ラブシーンに挑む!

主人公の塔子役には、是枝裕和監督、黒沢清監督、瀬々敬久監督といった、そうそうたる映画監督に愛され、数々の作品で幅広い役柄を演じてきた女優・夏帆。本作では、鞍田の危険な求愛に心を激しく揺り動かされる女性を、繊細かつ大胆に演じ、更なる新境地を切り開く。夏帆は長いキャリアを持ちながらここまで濃密な恋愛映画の出演は初めてであり、「塔子は自分にとって、とても挑戦した役で、観てくださる方がどういう風に捉えるのか、今からドキドキしています。」とコメントを寄せている。


また近づいてはいけない危うい魅力をまとう昔の恋人・鞍田役には、今の日本映画界において欠かせない存在の俳優・妻夫木聡。本作では、40歳目前にして、今まで見せたことのない“悪い男”の色気を全身からこれでもかと言う程漂わせ、魅力的に演じきる。妻夫木は本作について「撮影中は、この映画自体に恋愛しているような感覚で、夏帆さんと一緒に作り上げていきました。『Red』は、理屈じゃない、人間の本能的な部分に問いかけてくるようなお話だと思います。」とコメントを寄せている。


監督は2017年『幼な子われらに生まれ』で家族の心の機微と心理を鋭く描き出し、第41回モントリオール世界映画祭コンペティション部門審査員特別大賞など数々の賞を受賞した三島有紀子監督。本作では、“男と女”に焦点を定め、心と体の繋がりを通して、一人の女の生き方を見つめている。三島監督は「人はいつも、自分の内側に潜んでいるものを目覚めさせてくれる誰かを探し求めているのではないか。そんな男と女を描いてみたいと思っていた。」とコメントを寄せており、どうしようもない大人たちの恋愛感情を、肉迫した臨場感のある映像でつぶさに追いかけ、人間を力強く描く映画に仕上げた。関東近郊と新潟でのロケを行い、すでに撮影を終え、完成は8月末を予定している。


●夏帆(かほ) 村主塔子役
<コメント>
「ここまで濃密な恋愛映画は初めてで、三島監督からこの題材を私で撮りたいとお話を頂いた時、監督の覚悟を感じました。妻夫木さんとは初めて共演させて頂きましたが、お芝居している時もそうでない時も、役柄と同じ様に大きな愛でずっと守ってくださっている感覚があり、とても心強かったです。塔子は自分にとって、とても挑戦した役で、観てくださる方がどういう風に捉えるのか、今からドキドキしています。彼女の生き方は賛否が出るかもしれませんが、この2人の恋愛を楽しんでいただけたら嬉しいです。」

●妻夫木聡(つまぶき・さとし) 鞍田秋彦役
<コメント>
「来年40歳を迎える年で、そろそろ大人の恋愛をお芝居の中で表現できるようになりたいと考えていた時に、いつかお仕事をご一緒したかった三島監督からお話を頂いて、この巡り合わせがとても嬉しかったです。撮影中は、この映画自体に恋愛しているような感覚で、夏帆さんと一緒に作り上げていきました。『Red』は、理屈じゃない、人間の本能的な部分に問いかけてくるようなお話だと思います。
皆さんが、どういう風に感じてくださるのか僕自身も楽しみです。」

●監督:三島有紀子(みしま・ゆきこ)
<コメント>
「ノックが聞こえる。扉を開ける。その男が立っていた。それだけだ。
でも、その先に見えたのは内側に潜んでいた自分だった。
知っているのか?君は君を。
知っているのか?君は僕を。
人はいつも、自分の内側に潜んでいるものを目覚めさせてくれる誰かを探し求めているのではないか。
そんな男と女を描いてみたいと思っていた。ずっと。大好きな、夏帆さんと妻夫木聡さんで。だから、2人をどこまでも知りたくて、自分自身も素直にぶつけて、2人を愛し抜いて作り上げた映画になりました。」

●原作:島本理生(しまもと・りお)
<コメント>
「社会的にはあっけなく否定されてしまうような男女の関係を、それでも切実な恋愛として表現してほしいと願ったとき、夏帆さんと妻夫木聡さんというキャスティングに大きな期待と喜びを覚えました。
大人の官能がテーマの小説ではありますが、どこか共感してしまいたくなるような物語になるのではないか、と私自身が公開を心待ちにしています。」


____________________________________________________________

『Red』

2020年2月新宿バルト9ほか全国にて
配給:日活
(C)2020『Red』製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34188543

直木賞作家 島本理生が女性の本音をえぐった問題作、映画化決定!『Red』夏帆、最低で最愛の“悪い男”妻夫木聡に堕ちていく――を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事