« 『午前0時、キスしに来てよ』え、これ夢?夢じゃないよね!?あの国民的スーパースターがリアルな世界に降臨!綾瀬楓が出演する広告ポスター初解禁! | メイン | 『蜜蜂と遠雷』〈芸術の秋〉〈読書の秋〉〈食欲の秋〉“蜜蜂の秋”の季節に贈る、3大コンクールの開催決定!! »

2019年8月26日 (月)

イタリアの元首相ベルルスコーニをモデルに描く、過激にして華麗なる爛熟エンターテイメントティザーポスター解禁『LORO  欲望のイタリア』

0826_007


『グレート・ビューティー/追憶のローマ』『グランドフィナーレ』の名匠、パオロ・ソレンティーノがいざなう、めくるめく狂乱と絢爛の世界を描いた新作「Loro」の邦題を『LORO(ローロ) 欲望のイタリア』とし、11月15日(金)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか、全国にて公開されることが決定した。スキャンダルにまみれたイタリアの元首相ベルルスコーニをモデルに描く、過激にして華麗なる“爛熟(らんじゅく)エンターテイメント”!待望の日本公開決定。

政治とカネ、マフィアとの癒着、職権乱用は朝飯前。
その野心は燃え尽きることはなく、
怪物ベルルスコーニは首相の座に返り咲こうと動き出す。
今、狂乱の扉が開く――!

『グレート・ビューティー/追憶のローマ』『グランドフィナーレ』など、圧倒的な映像美で人生の甘美と悲哀を描き、21世紀の映像の魔術師とも呼ばれるイタリアの名匠パオロ・ソレンティーノ。待望の最新作となる本作では、スキャンダルにまみれたイタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニをモデルに選んだ。


時は2006年。因縁の政敵に敗北し失脚したベルルスコーニは、首相の座に返り咲くときを虎視眈々と狙っていた。政治とカネ、マフィアとの癒着、職権乱用は朝飯前。燃え尽きることなき野心と共に、いよいよ怪物が動き出す――。


「当時のベルルスコーニに蠢いていた“感情”の正体を知りたい欲求に突き動かされた」というソレンティーノが、ひとりの男の勝利への願望、成功への執着、そして愛の挫折を、めくるめく狂乱と絢爛の世界に映し出してゆく。その過激にして華麗なる唯一無二の映像は圧巻。9年にもわたって首相の座につき、国民を熱狂させたベルルスコーニの魔力にも重なる陶酔の157分だ。

スキャンダルにまみれた虚栄の肖像を見事に体現した
トニ・セルヴィッロの<怪演>


ベルルスコーニを演じるイタリアの名優トニ・セルヴィッロ(『グレート・ビューティー/追憶のローマ』『修道士は沈黙する』)の怪演も本作の大きな見所。燃える尽きることのない野心、欲望を満たすためなら手段を択ばない狡猾さと圧倒的なパワーとともに、虚栄の先の孤独までも体現してみせる。一方ベルルスコーニに近づき成り上がろうとする青年実業家セルジョに、現代のイタリア映画界には欠かせない実力派リッカルド・スカマルチョ(『あしたのパスタはアルデンテ』『ローマでアモーレ』)。また、妻ヴェロニカを演じるエレナ・ソフィア・リッチは本作の演技が称賛され、2019年ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞、2018年ナストロ・ダルジェント賞の最優秀女優賞に輝いた。
この度、完成したティザーポスターは、両手を広げ自身の歌に陶酔しているベルルスコーニが中央に配置されたデザインとなっており、「トランプなんて子どもだましさ。」というコピーと、背景には彼にまつわるいくつかのキーワードが並ぶ。

イタリア政治史上 最大の“ミステリー”
ベルルスコーニの驚愕エピソード


◆総資産額は90億ドル
(日本円にして約7,800億円) ※首相在任中の2010年当時の推定)建設業での成功で不動産王となったのち、大手テレビ局、新聞社、出版社を次々に買収、メディア王としても君臨。

◆横領・脱税・不正会計・マフィアとの癒着疑惑
多くの汚職で捜査対象となっており、幾つかは立件にまで到っているものの、首相の立場を利用して刑事捜査を
棚上げさせた。

◆趣味は身だしなみ
夏休み中に整形・植毛をし、シークレットブーツを愛用する自称身長171cmの伊達男。

◆失言オンパレード
「オバマ大統領は若くてハンサムで、日焼けしている」 ドイツのメルケル首相を指し「あの女とヤルなんて無理」
被災地を訪れ「週末のキャンプみたいだ」 など多数。 

◆美女とブンガブンガ・パーティー
半裸の女性がストリップダンスを踊るパーティー「ブンガブンガ」を開いていたことをスクープされる。
ブンガブンガはその年の流行語になるなど、女性問題は数知れず。

◆自身の応援歌「われらがシルヴィオに感謝」
劇中にも登場するベルルスコーニを称える応援歌は実際にあり、パーティーの参加者に歌わせた。


____________________________________________________________

『LORO(ローロ) 欲望のイタリア』

2019年11月15日よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて
配給: トランスフォーマー
(C)2018 INDIGO FILM PATHÉ FILMS FRANCE 2 CINÉMA

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事