« 映画『地獄少女』閻魔あいを再現できるのは玉城ティナしかいない―!!怖いほど美しい!人間離れした圧倒的ビジュアル,地獄少女の使い魔、あの<三藁>のビジュアルも解禁! | メイン | 海外ドラマ『プルーブン・イノセント 冤罪弁護士』 冤罪で苦しんだ過去を持つ異色の女弁護士とそのチームが冤罪で苦しむ人々のために闘う、一話完結の法廷クライム・サスペンス »

2019年8月22日 (木)

獰猛な犬が吠え立てる迫力のオープニング!観客をいきなり映画の中にたたき込む冒頭 3 分の映像が到着『ドッグマン』

0822_004


カンヌ映画祭で2度のグランプリを受賞したマッテオ・ガローネ監督最新作『ドッグマン』が 8 月 23 日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開となる。イタリア映画界の鬼才マッテオ・ガローネが放つ衝撃の問題作が、ついに日本上陸。ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞、セザール賞の外国語映画賞にノミネートされ、イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞 7 部門を獲得した『ゴモラ』(08)と、同省 3 部門を受賞した『リアリティー』(12)で、カンヌ国際映画祭の審査員特別グランプリに 2 度輝いた、イタリアの鬼才マッテオ・ガローネ。唯一無二の世界観と映像、社会のダークサイドに斬り込むとともに、人間の弱さや愚かさを恐れることなく描く脚本で、今や他に並ぶ者のない映像作家としてリスペクトされる存在となった。主演を務めたのは、全くの無名俳優でガローネ監督によって見出されていきなり主演に抜擢された、マルチェロ・フォンテ。心優しい男が悪のワンダーランドへと転落していく様をリアルに演じて審査員を圧倒し、第 71 回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を獲得。ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞でも作品賞、監督賞をはじめ最多となる 9 部門を制した、人生の不条理を容赦なく描く問題作。

犬と主演俳優の息の合った演技が見もの!観客を魅了する冒頭 3 分で描いたメタファーとは?
犬の視線が指標となり、登場人物たちの行動を目撃する様子を描いた本作。この度、犬の存在が重要な役割を担うことを予感させる冒頭 3 分の映像が到着!牙をむき出しにし、マルチェロを威嚇する大型犬。トリミングサロン ドッグマンにやってきた大型犬を洗うところから物語は始まる。シャンプーが苦手で暴れまわる犬に対し、マルチェロが「いい子だ、アモーレ」などと優しく言葉を投げかけたりおやつをあげたりすると、やがて犬はリラックスしたように気持ちよくドライヤーの風を浴びるようになる。その後、マルチェロが住む町の様子が映るがそこはゴーストタウンのように寂れた田舎町で、登場人物たちが逃げ場のない環境にいることを示唆している。


監督のガローネはこのシーンを「マルチェロがこれから暴力に対してどのように相対していくかということをメタファーとして表現しているんだ」と、暴力的な友人シモーネに支配されるマルチェロが、物語を通してどのように代わっていくのかを暗示していると語る。またこの印象的なオープニングの撮影について、主演のマルチェロは「冒頭の犬の真の姿はまるでぬいぐるみのように穏やかな犬なんだけど、その日のソーセージ代を稼ぐため獰猛な演技をしていたんだよ。名前はマリオ。すっかり気に入ってしまって今も僕のパソコンのデスクトップを飾っているよ」とコメント。マルチェロは撮影前に 3 カ月間ドッグトリマーとしての訓練を受け、犬たちとのコミュニケーションの取り方を学んだといい、「撮影現場でも犬と良い関係を築いていた」とガローネが証言。お互いが呼応し合う息ぴったりの演技を披露したマルチェロと犬の姿はぜひ本編で確かめていただきたい。

映画『ドッグマン』本編映像_迫力の冒頭3分
https://youtu.be/x34nKIGnlvE 

___________________________________________________________

『ドッグマン』

2019年8月23日より ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次公開
配給:キノフィルムズ
公式HP:http://dogman-movie.jp/ 
(C)2018 Archimede srl - Le Pacte sas

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34188610

獰猛な犬が吠え立てる迫力のオープニング!観客をいきなり映画の中にたたき込む冒頭 3 分の映像が到着『ドッグマン』を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事