« 『ラフィキ:ふたりの夢』ケニアから届いた少女たちの初恋物語、日本公開決定! | メイン | 映画『みをつくし料理帖』第二弾キャスト発表記者会見レポート   角川春樹監督「撮影が休みになるたびに早く現場に戻りたい。」 »

2019年8月30日 (金)

『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』ポスター&邦題&日本公開(11/22)決定

0830_005


ゴールデン・グローブ賞を含む 38 の賞を受賞、エミー賞を始め142 もの賞にノミネートされた大ヒット TV ドラマシリーズ「THISIS US/ディス・イズ・アス」(16〜19)。2019 年 5 月にはシーズン6まで製作されることも発表され、世界中で人気を増すばかりの本シリーズの企画・脚本・製作総指揮を手掛けたダン・フォーゲルマンが、自らメガホンを取り映画化した『Life itself(原題)』が、『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』の邦題で 11 月 22 日(金)に日本公開決定!合わせて、ポスタービジュアルも解禁となった。


始まりは、現代のニューヨーク。学生時代からのカップルのウィル(オスカー・アイザック)とアビー(オリヴィア・ワイルド)は、大恋愛の後に結ばれる。第一子の誕生を間近に控え幸福の絶頂にいたその時、想像を絶する事故に遭遇してしまう・・・。そして、たまたま旅行に訪れたニューヨークで、その悲惨な事故の顛末に深く関わってしまった幼い少年。彼もまた、この事件をきっかけに、海を越えたスペインの大地で、両親と父の雇い主であるオリーブ園のオーナー(アントニオ・バンデラス)を、ドラマティックな人生へと誘っていく。

本作は、ある同じ1つの事件をきっかけに数奇な運命と過酷な試練に翻弄され、そして思わぬ奇跡へと導かれていく“二つの家族”を、何十年もの歳月と二つの大陸、二つの言語にまたがって壮大に描き出す、すべての人生を祝福する愛と感動のヒューマンドラマだ。


数奇な運命に翻弄されていく“家族”を演じるのは、ハリウッドきっての実力派俳優たち!物語の出発点となるウィルには、『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』でゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』など超大作でも活躍するオスカー・アイザック。その妻アビーには、『her/世界でひとつの彼女』のオリヴィア・ワイルド。そしてスペインの広大なオリーブ園のオーナーに、スペインから世界的なスターへと上り詰めた、『マスク・オブ・ゾロ』のアントニオ・バンデラス、ウィルが頼るセラピストにアカデミー賞®に 4 度ノミネートされた、『キッズ・オールライト』のアネット・ベニングと、ハリウッドのレジェンドたちが総出演している。

またこの度解禁されたポスターは、「あの日 あの瞬間 すでに出会っていた」というキャッチコピーが添えられ、2つの家族のそれぞれの人生が交差する、繋がっていることを表現。幸せな瞬間を切り取ったものとなっている。なお、劇中、ボブ・ディランの伝説的傑作アルバム「タイム・アウト・オブ・マインド」が物語の重要な鍵として登場するのも話題の本作。監督が脚本執筆中によくアルバムを聴いていたことから、「アビーがこよなく愛するアルバム」という設定で、ボブ・ディランへ使用許可を依頼、脚本を読んで気に入ったディラン本人が7曲にも及ぶ楽曲使用を許可したという逸話も。


愛ゆえの葛藤、家族との別れ、一瞬のあやまち、運命のいたずら──誰もが人生の旅路で出会う、胸が張り裂けるほどの悲しみを恐れることなく描き、その悲劇に押しつぶされずに前へ進めば、まるでコインの裏表のように、必ず悲しみと共に存在する喜びを見つけることができると教えてくれる作品だ。


____________________________________________________________

『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』

2019年11月22日よりTOHO シネマズ シャンテほか全国にて順次公開
配給:キノフィルムズ/木下グループ
(C)2018 FULL CIRCLE PRODUCTIONS, LLC, NOSTROMO PICTURES, S.L. and LIFE ITSELF AIE. ALL RIGHTS RESERVED.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34189187

『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』ポスター&邦題&日本公開(11/22)決定を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ