« シュワちゃん、サプライズでキャメロンもコミコンに登場『T2』のジョン・コナー役エドワード・ファーロングもカムバック!『ターミネーター:ニュー・フェイト』コミコン・インターナショナル:サンディエゴ | メイン | 高良健吾 プールで優雅に浮いていた!?撮影休憩中のリラックスした高良の素顔も露わに!『アンダー・ユア・ベッド』初日舞台挨拶 »

2019年7月22日 (月)

望月歩「人見知りを克服するぞ!」初主演映画満員御礼の船出『五億円のじんせい』初日舞台挨拶

日時:7 月 20 日(土)
場所:渋谷ユーロスペース 2
登壇者:望月歩、山田杏奈、文晟豪(ムン・ソンホ)監督

0721_001


GYAO とアミューズがオーディションによりオリジナル映画を作るプロジェクト「NEW CINEMA PROJECT」。約 400 本の中から見事グランプリを受賞した脚本の蛭田直美と文晟豪(ムン・ソンホ)監督のコンビによる『五億円のじんせい』が 7 月 20 日(土)よりユーロスペース他にて公開となる。主演の望月歩に加え、映画『ミスミソウ』主演やガーナの CM キャラクターも務めるヒロイン役の山田杏奈、文晟豪(ムン・ソンホ)監督が登壇する初日舞台挨拶が行われた。


公開初日の初回を迎え、満席の会場に登場した主演の望月歩、ヒロインの山田杏奈、文晟豪(ムン・ソンホ)監督。望月が「どうですか?面白かったですか?」と観客に問いかけると会場からは拍手が。「ありがとうございます。これがやりたかった(笑)今日は精一杯頑張ろうと思います。楽しんでいってください。」山田が「一人二役でやらせていただきました。一年前に撮影をして、今皆さんの前に届いていてとても嬉しく思います。よろしくお願い致します。」文監督が「今日は早い時間からありがとうございます。宜しくお願い致します」と挨拶をした。


GYAO とアミューズがオーディションによりオリジナル映画を作るプロジェクト「NEW CINEMA PROJECT」。約 400 本の中から見事グランプリを受賞した本作を振り返って心境を聞かれると、監督は「商業映画の長編は初だけど、商業映画が出来ますようにとミサンガに願掛けしたのですが、まだ切れてないんですよ!」と足につけられているミサンガを見せて笑いを誘った。「実際に撮影を経て、無事に完成してとても嬉しいです。一緒に完成まで漕ぎ着けたスタッフ、上映してくれるユーロスペースに感謝。」と感謝を述べた。

今作が初主演の望月。これまでと違ったことや現場で努力したことを聞かれると、「作品に対しての気持ちは他の作品も変わらないけど、僕が今まで共演してきて、主役をされてきた人の佇まいを真似していこうと思っていました。「埋もれる」の桐谷健太さんや、「3 年 A 組-今から皆さんは、人質です-」の菅田将暉さんとか。このお二人は現場ですごくわくわくされていて、だから今回は僕が一番この現場でわくわくしないとなと思って臨みました。」と気合いを見せた。

今作は、先日行われた NY アジアン映画祭でスペシャル・メンションを受賞。ちょうど山田の主演作『ミスミソウ』も同じ賞を受賞していたことで、山田は「同じ賞です。嬉しいです。」と笑顔を見せる。NY での観客の反応を見て監督は「特殊な場面で笑うんだな〜と思いました。静かに観てほしいところでもハッハッハッて笑っていてびっくりしました。海外では、映画が良くないとお客さんはすぐ帰ってしまうのですが、お客さんが帰ってなかったので、良かったのかな」と喜びを見せた。

一人二役という難しい役柄を演じきった山田は、「初めて一人二役をやらせていただいて、最初は二役分大変かなと思ったのですが、楽しさが勝って二倍やれて得しました。二人とも魅力的な子なので、二人を違う方法で表現するのは楽しかった。二人が見た目がガラッと変わるわけではないので、観た人はどう思うかなと不安はありました。」と一人二役の難しさを語った。

今回、望月と山田の共演シーンは短く、現場でどうコミュニケーションをとっていたか聞かれると、望月は「お互い人見知りだな〜と感じつつ、共通の友達の話題とかを必死に探して話しかけました。さっき楽屋でも三往復くらいで終わって僕が立ち去っちゃったので、今喋れてうれしい。」と照れ、MC から「でも目は合ってないですもんね」と突っ込まれ「恥ずかしい!」と照れを見せると、場内も笑いに包まれた。

公開日の本日以降、ほぼ毎日劇場に立つ予定の望月。明日以降、毎日どのように観客とコミュニケーションを取りたい?と聞かれると「毎日楽しませてもらおうと思います。人と話すことや舞台挨拶は好きですが、元々話すことは得意ではないです。だけど、普段応援していただけるお客さんたちにこういう時しか恩返しができないから、なるべく素でいられるように頑張りたい」と語った。

また「NEW CINEMA PROJECT」は本日から第二弾の募集を開始。受賞のコツを聞かれた監督は「審査をしてくれる人は後に一緒に作品を作ってくださる方々なので、どういう作品を作りたいか、作品への熱意を伝えればきっと仲間になってくれるはず。」と力強いエールを述べた。


最後に、監督が「望月さんが出演できて良かったなと思ってくれるような作品になっていると思うので、皆にもそう思ってほしい。」山田が「初めて脚本を読んだ時に、本当に素敵な脚本で、皆の思いが詰まっていると感じました。皆さんと、大事に大事に作った作品です。今日観て、届いたなと思った方は周りの皆さんにも薦めてほしいです。」望月が「前から主役という場に立ちたくて頑張ってきました。この日を迎えられたことが本当に嬉しいです。今日ご覧いただいた皆さんの顔を見て、良い反応をいただけていると思っているので、色んなところで広めてもらいたいです。僕自身、とても勇気をもらえる映画だと思っています。観ていただいた人の言葉が真実ですので、その言葉を広げてもらえると嬉しいです」と挨拶し、大盛況の中初日舞台挨拶は幕を閉じた。


____________________________________________________________

『五億円のじんせい』

2019年7月20日より ユーロスペースほか全国にて順次公開
配給:NEW CINEMA PROJECT
公式HP:https://gyao.yahoo.co.jp/special/newcinemaproject/
(C) 2019『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34186230

望月歩「人見知りを克服するぞ!」初主演映画満員御礼の船出『五億円のじんせい』初日舞台挨拶を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事