« 若手実力派 2 人がガチトーク!板垣瑞生、「役者として悔しかった!早く歩と共演したい!」『五億円のじんせい』望月歩×板垣瑞生(M!LK) トークショー | メイン | 堀潤が肌で感じた、映画には映らない背景を語る『風をつかまえた少年』公開記念特別試写会 堀潤登壇トークイベント »

2019年7月24日 (水)

『第三夫人の髪飾り』予告編&ポスター解禁!!

0724_008


トラン・アン・ユンが美術監修を務め、脚本に惚れ込んだスパイク・リーが資金援助するなど巨匠たちのバックアップを得て作られた話題作『第三夫人の髪飾り』( 原題:「The Third Wife」)が、2019年10月11日(金)より、Bunkamuraル・シネマ他全国順次公開となる。アッシュ・メイフェア監督の曾祖母の実話をもとに、美しいベトナムの山間を舞台に、その地を治める富豪の第三夫人として14歳で嫁いでくる主人公メイと、彼女を取り巻く愛憎、悲しみ、希望を、美しく官能的に描いた本作品の予告編と本ポスターが合わせて解禁となった。


絹の里、富豪のもとに嫁いできた若き第三夫人。東洋の美を湛えるベトナムの秘境に語り継がれてきた、ある一族のファミリーヒストリー。

19世紀、北ベトナム。父権社会で男児を産むことが女の唯一の務めであった時代、女たちはなにを思い、生きたのか――。若き第三夫人が一族にやってきたことで、女たちのドラマが動き出す。

美しいシルクの里を治める富豪のもとに14歳のメイは川を舟で上って、嫁いできた。一夫多妻のこの地では、女たちには後継ぎとなる男子を多く生む定めがある。メイもまたその宿命を背負い、愛を知る前に、妻にそして母になっていく。若くして自分の運命を静かに受け入れながらも幸せを見つけようと生きていく力強さを感じさせるポスターが出来上がった。


ベトナムの美しい風景の中、穏やかに時間は過ぎていくが、嫉妬、葛藤など様々な感情が交錯する。恋愛結婚が主流の現代において想像も出来ない話かもしれないが、19世紀の女たちは生きる場所も役割も最初から定められていた。それであっても自分の幸せを求め一歩を踏み出す希望を感じさせる本作の魅力が詰まった予告編が完成した。

映画『第三夫人と髪飾り』予告編
https://youtu.be/FWjkH3MHiaE


____________________________________________________________

『第三夫人と髪飾り』

2019年10月11日よりBunkamuraル・シネマほか全国にて
配給:クレストインターナショナル
公式HP:http://crest-inter.co.jp/daisanfujin/
(C) copyright Mayfair Pictures.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34186416

『第三夫人の髪飾り』予告編&ポスター解禁!!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事