« 2018年アカデミー賞外国語映画賞ジョージア代表『聖なる泉の少女』公開決定 | メイン | 玉森裕太vs吉岡里帆クイズ対決4番勝負!激痛足つぼマッサージとうなぎに絶叫!?『パラレルワールド・ラブストーリー』公開直前イベント »

2019年5月24日 (金)

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『フォレスト・ガンプ 一期一会』のロバート・ゼメキス監督が映画化を熱望した、知られざる感動の実話。映画『マーウェン』公開決定!

0524_9010


ヘイトクライム(憎悪犯罪)の被害者で、障害を抱えながらも独自の世界観でカメラマンとして認められたマーク・ホーガンキャンプのドキュメンタリー『Marwencol』を映画化した、『マーウェン』(原題:『Welcome to Marwen』)が、7月19日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国にて公開となる。


21世紀の『フォレスト・ガンプ 一期一会』との呼び声が高い、ロバート・ゼメキス監督待望の最新作は、ファンタジーに溢れた、トラウマを抱えた男の感動のヒューマンドラマ。

主演には、『バイス』や『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』、『ビューティフル・ボーイ』などのスティーブ・カレル。「ドキュメンタリーを見てすぐに、どのような形でもいいから関わりたいと思った。」とカレル自ら出演を申し出た本作で演じたのは、5人の男からリンチを受け脳に障害を負った実在の男性、マーク・ホーガンキャンプ。


命の危機に瀕する程の大怪我を負い、9日間にわたり昏睡状態だったホーガンキャンプは、目が覚めたときには自分の名前すら覚えておらず、歩くことさえままならなかった。そんな彼がリハビリのために始めたのはフィギュアの撮影。自分や友人たち、そして自分を襲った男たちを模した人形を使い、現実世界と向き合っていく。

心に深い傷を負った1人の男の苦しみと葛藤、そして自らと向き合いながら再生していく姿を、「マイノリティでも堂々と生きるべき」というメッセージに溢れた作品に描き上げている。


マークが制作したジオラマの中を、ミニチュア人形となった美女たちが動きまわるというファンタジーに溢れた本作は、1995年に公開された『フォレスト・ガンプ 一期一会』のようなヒューマンドラマをストーリーの軸として、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズファンも喜ぶあのマシンを登場させるなど、ゼメキスワールド全開となった。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『マーウェン』

2019年7月19日より全国にて
配給:PARCO
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

原題:Welcome to Marwen
監督:ロバート・ゼメキス
出演:スティーヴ・カレル/レスリー・マン/ダイアン・クルーガーほか

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事