« 『チア男子!!』360度ファンに囲まれたステージで大熱狂の舞台挨拶!横浜流星「傷だらけになりながら、本気で挑みました!」 | メイン | 『僕に、会いたかった』撮影の合間は釣りばかり!?釣りの腕前を実演披露 本編映像解禁 »

2019年4月16日 (火)

『長いお別れ』#長いお別れ寄付 に想いを込めて・・SNSで寄付ができる投稿キャンペーン実施

0416_007


日本アカデミー賞ほか国内映画賞34部門を受賞した『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、直木賞作家である中島京子の同名小説を映画化する最新作『長いお別れ』が5月31日(金)に全国ロードショーとなる。父の70歳の誕生日。久しぶりに帰省した娘たちに母から告げられたのは、厳格な父が認知症になったという事実だったー。ゆっくり記憶を失っていく父との、お別れまでの7年間。それは、思いもよらない出来事と発見に満ちた日々。蒼井優、竹内結子、松原智恵子、山﨑努という、日本映画界が誇る豪華実力派俳優陣の共演で贈る、笑って泣いて、前に進んでいく家族たちの、新たな愛の感動作だ。


少しずつ記憶を失くして、ゆっくりゆっくり遠ざかっていく―その様子からアメリカでは「Long Goodbye(長いお別れ)」とも表現される病、認知症。近い将来65歳以上の1/5が発症するという(出展:厚生労働省)病を父が発症したことにより、自分自身の人生と向き合う事になる家族の7年間を、あたたかな眼差しをもって優しさとユーモアたっぷりに描いた本作。監督・脚本を務めたのは、初めての長編映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(16)で日本中を感動の渦に巻き込んだ中野量太。独自の視点と感性で長年に渡り“家族”を描き続けている中野監督だからこそ描けた新しい認知症映画となっている。


今や他人ごとではない身近な病となった認知症。そんな認知症を題材に変わらぬ家族の愛を描く本作では、認知症に対する理解を深め、認知症と向き合う方々の力になれることを願って、作品に関する感想(実際に映画をご覧頂いた感想や、予告編の感想など)を投稿いただいた数に応じて、認知症関連団体「公益社団法人 認知症の人と家族の会」への寄付を行うキャンペーンの実施が決定した。集まった寄付金は9/21に毎年実施される“世界アルツハイマーデー”の費用の一部(啓発ポスターやリーフレットを作成する費用、また全国各地で実施する、認知症啓発のシンボルカラーのオレンジ色にお城や建物をライトアップする活動や、講師を招いて行う市民向け講演会の費用など)として使用してもらう予定となっている。4月16日(火)~6月30日(日)中までに投稿されたコメントが寄付につながる。


____________________________________________________________

『長いお別れ』

2019年5月31日より全国にて
配給:アスミック・エース
公式HP:http://nagaiowakare.asmik-ace.co.jp/
(C)2019『長いお別れ』製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34176085

『長いお別れ』#長いお別れ寄付 に想いを込めて・・SNSで寄付ができる投稿キャンペーン実施を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事