« 『僕に、会いたかった』撮影の合間は釣りばかり!?釣りの腕前を実演披露 本編映像解禁 | メイン | 映画の見所は「人間の心の動き」エモーショナルな作品をアピール!スティーヴ・カレル&ティモシー・シャラメ 2ショットインタビュー映像解禁! »

2019年4月17日 (水)

『きみと、波にのれたら』アヌシー国際アニメーション映画祭長編コンペティション部門ノミネート決定!!

0417_004


世界が注目するアニメーション監督、湯浅政明監督待望の最新作『きみと、波にのれたら』が6月21日(金)より全国公開となる。本作が、今年6月にフランスで開催される【アヌシー国際アニメーション映画祭】(以下、アヌシー映画祭)の長編コンペティション部門にノミネートされた!本映画祭でノミネートされるのは今回が4度目(長編部門では2度目)となる湯浅監督は、2017年に『夜明け告げるルーのうた』でアヌシー映画祭長編部門・クリスタル賞(グランプリ)を受賞。1995年『平成狸合戦ぽんぽこ』以来実に22年ぶりの功績となった。


また、これまで日本作品でクリスタル賞(グランプリ)を受賞したのは、宮崎駿監督(『紅の豚』/93年)・高畑勲監督(『平成狸合戦ぽんぽこ/95年)・湯浅政明監督の3名のみ。今回のノミネートで、日本人監督初の2度目の受賞という快挙に期待がかかる。


湯浅政明監督は、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞した『マインド・ゲーム』(04年)で長編監督デビュー以降、圧倒的な独創性を発揮。疾走感と躍動感に溢れる自由闊達な映像表現で、その名を轟かせてきた。

2014年には米国の人気テレビシリーズ「アドベンチャー・タイム」にて監督・脚本・絵コンテを手がけたエピソード「Food Chain」が、アニメーション界のアカデミー賞とされる米国アニー賞で、監督賞(TV部門)にノミネートされ、アヌシー映画祭に招待された。以降、更なる進化を遂げ、『夜は短し歩けよ乙女』(17年)では、第41回日本アカデミー賞最優秀アニメーション賞受賞。Netflixで全世界配信中の「DEVILMAN crybaby」をはじめとして数々の話題作を世に送り出し、日本のみならず世界を魅了してきた。


アヌシー映画祭は、現地時間6月10日(月)から5日間開催され、クリスタル賞(グランプリ)は最終日である15日(土)に発表される。

____________________________________________________________

『きみと、波にのれたら』

2019年6月21日より全国にて
配給:東宝映像事業部
公式HP:https://kimi-nami.com/
(C) 2019「きみと、波にのれたら」製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34176189

『きみと、波にのれたら』アヌシー国際アニメーション映画祭長編コンペティション部門ノミネート決定!!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事