« 『イップ・マン4 完結篇(原題)』年内公開決定! | メイン | 六車監督×リアル女子高生がガチトーク!!ジェネレーションギャップに監督驚愕!?下北『JK☆ROCK』春休みスペシャル試写会 »

2019年3月27日 (水)

シェイクスピアの舞台演出家が新たなメアリーとエリザベスを描く! “メアリー女王は、フェイクニュースの被害者だった”  映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』ジョージ・ルーク監督のインタビュー映像到着

0327_2010


『レディ・バード』のシアーシャ・ローナンと『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』のマーゴット・ロビーというアカデミー賞(C)ノミネート女優がふたりの女王を演じる『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』(TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか絶賛上映中)。今回、初めて映画のメガホンをとった、シェイクスピアをはじめ長年舞台演出を手掛けてきたジョージー・ルークのインタビュー映像が到着した。


今回解禁となるインタビューでは、これまでロイヤル・シェイクスピア・カンパニー、ブロードウェイなど舞台演出で実績のあるジョージー・ルークが、初めて映画監督を務めた本作について語った。
「これまでのメアリーの歴史はガイ・ピアース演じるウィリアム・セシル(バーリー男爵)による“フェイクニュース”だった。先入観を取り払った原作とシアーシャの演技が魅力」と本作の見どころを語っている。その他、シアーシャの魅力とマーゴットに出演を断られたけれどもどのように説得したのかについても語っている。女性監督の斬新な発想と、トップ舞台演出家ならでは説得力を持ったキャスティングが本作に結実している。ジョージー・ルーク監督の今後の作品にも注目が注がれるー。

■ジョージ・ルーク監督のインタビュー映像
https://youtu.be/-G6-DSDgndc


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』

2019年3月15日よりTOHO シネマズ シャンテ Bunkamura ル・シネマほか全国にて
配給:ビターズ・エンド、パルコ
公式HP:http://www.2queens.jp/
(C) 2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事