« 『リトル・フォレスト 春夏秋冬』5月17日(金)公開決定!予告編、メインビジュアル解禁!原作者五十嵐大介が、原作との”ちょっとした縁”についてコメント | メイン | 会場大興奮!! 神谷明「俺を呼んだのは“君達”だろ?」早くもシリーズ化に意欲!?“また帰ってきたい”映画『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』 公開記念舞台挨拶 »

2019年2月 8日 (金)

キーラ・ナイトレイがカリスマ女性作家に!保守的な時代に愛と自由に生き抜いたアイコン的女性の半生を描く映画『コレット』公開決定&ポスタービジュアル解禁

0208_004


『アリスのままで』のウォッシュ・ウェストモアランド脚本・監督、『はじまりのうた』のキーラ・ナイトレイが主演を務める『Colette』が、『コレット』の邦題で5月17日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館他にて全国ロードショーとなる。

ココ・シャネルに愛され、オードリー・ヘプバーンを見出した実在の小説家堂々と愛と自分を貫き、時代を作り続けた作家コレットの熱き半生がついに映画化!フランス文学界で最も知られ、時代を作り上げたアーティストとしても今なお人々を魅了し続ける女性作家シドニー=ガブリエル・コレット。片田舎に生まれ育った自由奔放な少女コレットが、いかにしてフランス屈指のベストセラー作家と呼ばれるようになったのか。彼女が“本当の自分”を見つけるまでの波乱と情熱に満ちた半生を、実力派キャストとスタッフが映画化。


魅力溢れるコレットを体当たりで演じたのは、イギリスが誇る人気女優キーラ・ナイトレイ。知性と行動力を持ち合わせるエネルギッシュなコレットを 19 歳から 34 歳まで一人で演じている。そして、監督を務めたのは『アリスのままで』のウォッシュ・ ウェストモアランド。かねてよりコレットに想像力を掻き立てられてきたウェストモアランド監督は、公私ともにパートナーだった故リチャード・グラッツァーと 16 年以上に渡って脚本を推敲したほど、思い入れの強い意欲作となっている。


自著作品を舞台化する際には、当時無名のオードリー・ヘプバーンを主役に大抜擢し、オードリーを一躍スターにした立役者として、またファッションデザイナーのココ・シャネルやジャン・コクトーら多くの芸術家に愛された唯一無二の存在として知られるコレット。男性優位の時代でも慣習やジェンダーにとらわれることなく、力強く生きた彼女は昨今の#MeToo 運動をはじめ、女性の自立や自由が叫ばれる現代において先駆け的存在ともいえる。あらゆる分野で才能を開花させたコレットの姿に心を揺さぶられる本作は、時代が移り変わる今だからこそ観るべき新たな傑作となっている。


____________________________________________________________

『コレット』

2019年5月17日(金)よりTOHO シネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほか全国にて
配給:東北新社
公式HP:https://colette-movie.jp/
(c)2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事