« 『愛がなんだ』岸井ゆきの・成田凌がベッドでは脚のぶつけ合い♪本予告映像&本ビジュアル&主題歌解禁! | メイン | デヴィッド・ボウイやレディー・ガガから、キャサリン妃にまで愛されたアレキサンダー・マックイーンの人生に迫る『マックイーン:モードの反逆児』(McQueen(原題))日本公開決定! »

2019年2月 4日 (月)

鬼は外、福は内! ボイメンが映画大ヒット祈願の豆まき!『ジャンクション29』完成披露舞台挨拶

日時:2月2日(土)
場所:ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場
登壇者:水野勝、田中俊介、小林豊、本田剛文、佐藤玲、ウエダアツシ監督、山田晃久監督

0204_004


2月22日(金)より渋谷シネクイント、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場ほか全国公開される映画『ジャンクション29』の完成披露舞台挨拶がユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて行われた。


今回が本作初お披露目ということで、水野は「皆さんとても楽しみにしてきてくれたと思います。今作はオムニバス形式になっているので、好きな作品を見つけるような気持ちで肩の力を抜いて観てもらえたら嬉しいです」と現在の心境を語った。

各自の役柄を聞かれ、自称映画監督を演じた田中は「監督役は初めてだったので新鮮でした。ツチノコを抱く俳優はいないと思うので、今回の僕の抱き具合が良ければ、関係者の方がいらっしゃったらそういった映画の方……」と冗談交じりに語った。


結婚相談所のカリスマ社長を演じた水野は「凄腕なんですが裏の顔もあるところや、登場する女性はパンチのある方ばかりなのが見どころです。共演の役者さんもすごく魅力的で、鳶田敬一郎役を演じた細田(善彦)さんから刺激をもらったりもしました」と、作品の裏側を明かした。


今作公開に先駆け、作中の“ボイリッチ—”のハンドルネームで動画を公式サイトにアップして公開していたものの、再生回数が伸び悩んでいる事に対して、本田は「再生回数が280回くらいで止まってしまっていて、本当にシャレにならなくなってます(笑) 動画のストックもあるのですが、このまま伸び悩み続けるとお蔵入りになっちゃうので、皆さんご覧いただけたら嬉しいです」と懇願した。


売れっ子漫画家を目指すも、コンクールで落選し続ける役だった小林は「結構真面目な役だったのでどうやって演じようかと思いましたが、僕がちょうど29歳で台本を読んで29歳ならではの葛藤なども理解できたので、それを全て作品に活かしました」と役作りについて打ち明けた。


『ツチノコの夜』で田中と共演した佐藤は、役柄について聞かれると「女性のお客さんが多いのできっと嫌われてしまう…ので今のうちに好感度を上げておきます」と明かし会場の笑いを誘った。すかさず小林が「お顔ちっちゃいですよね〜」とフォローし、「小顔コルギとか通ってるの?」と聞くと、他のメンバーから「そういうの楽屋でやってよ」「後で聞いてブログに書きなさい」と総ツッコミを食らった。

イベントの後半では、明日2月3日が節分ということにかけて本作の大ヒットを祈願し豆まきを行なった。観客に鬼のお面を着けてもらい、ウエダ・山田両監督の掛け声に合わせてボイメンメンバーが観客席に向かって豆をまくと、大歓声が沸き起こった。観客のためのフォトセッションの時間も設けられ、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。


____________________________________________________________

『ジャンクション29』

2019年2月22日より 渋谷シネクイント、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場ほか全国にて
配給:スターキャット
公式HP:http://junction-29.com/
(C)2019『ジャンクション29』製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34168339

鬼は外、福は内! ボイメンが映画大ヒット祈願の豆まき!『ジャンクション29』完成披露舞台挨拶を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事