« 北山宏光&多部未華子、夫婦揃って艶やかな和装姿を披露「かわいい!!!!!」観客100名が悶絶!特製“トラ柄招き猫”が登場、今戸神社で映画のヒットを祈願『トラさん~僕が猫になったワケ~』 | メイン | 『アクアマン』海中 No.1 はどっちだ?海の天下一を決める武道会、ついに開幕!?世界が息を飲んだ、壮絶な海中バトル本編映像公開 »

2019年2月 8日 (金)

伝説の『リング』から20年―。中田秀夫が再びメガホンを取り、シリーズ最新作にして恐怖の【原点】を描く!『貞子』公開決定&主演解禁

0208_005


1998年、‷見た者は1週間後に呪い殺される‴という「呪いのビデオ」の恐怖を描いた鈴木光司のホラー小説を、中田秀夫監督が映画化した『リング』。当時誰もが日常生活の中で使うビデオテープを介して、呪いが拡散されていくという衝撃的な設定は、観た者の「自分の元にも…」という恐怖を掻き立て、興行収入20億円を超える大ヒットを記録、社会現象を巻き起こし、のちに続くJホラーブームの火付け役となった。また『リング』と同時上映された『らせん』に続き、1999年には続編『リング2』が公開され興行収入42億を記録、2000年には原作エピソードに映画独自の設定を盛り込んだシリーズ3作目『リング0 バースデイ』が公開され、日本ホラー映画の金字塔を打ち立てるとともに、映画に登場する怨霊・貞子は‷恐怖の象徴‴として知られるようになった。さらに2012年以降、それまでブラウン管テレビから這い出ていた貞子は、世の中のデジタル変革に適合した現代版貞子として蘇り、3Dとなってスクリーンから飛び出す「貞子3D」(12)、ユーザーのスマホと本編を連動させた「貞子3D2」(13)、配給会社を越え2大ホラーキャラクターが奇跡の共演・対決を果たした『貞子vs伽椰子』(16)と、時代の変化と共に恐怖の形状を変えながら、常に日本のホラー映画界を牽引してきた。そして今や、‷井戸やテレビから這い出る、白い服を着た髪の長い少女“という貞子のキャラクター像は、映画の枠を超え、「日本で最も有名な怨霊」として全世代に圧倒的な認知と人気を誇るほどの存在となったのだ。

そんな日本ホラー映画史上No.1『リング』シリーズの最新作が、その名も『貞子』というタイトルで、今年5月24日に公開されることが決定!貞子を生み出した鈴木光司の原作を、『リング』を手掛け、最近では『スマホを落としただけなのに』(18)の大ヒットも記憶に新しい中田秀夫が監督。『リング』公開から20年—、伝説のオリジナルチームが、この新時代に恐怖の原点を描く。今作で新ヒロインに抜擢されたのは、映画『みんな!エスパーだよ!』(15)以降、『ルームロンダリング』(18)、『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(18)、『億男』(18)などの話題作に立て続けに出演し、若手実力派女優として躍進著しい池田エライザ。松嶋菜々子(『リング』)、中谷美紀(『らせん』)、仲間由紀恵(『リング0 バースデイ』)、石原さとみ(『貞子3D』)など、錚々たる女優が代々演じてきた本シリーズのヒロインのバトンを受け継ぐ。

 今回の映画化決定&主演解禁に先立ち、実は2週間ほど前から第一弾映像となる超特報が劇場とwebで限定公開されていた。場面は不気味な洞窟、その中で響き渡る水滴の音が緊張感を駆り立てる中、突如念写される頭の集合体と、髪の長い女…!最後には「きっと来る~♪」という耳なじみのあるフレーズが流れるが、どこか新しさと迫力を感じさせるゴスペル調の歌声…果たして、歌っているのは誰なのか。これは何かの伏線なのかー。今後の宣伝展開にも、期待がかかる。映画本編は撮影を完了しており、只今完成に向けて絶賛ポスプロ中。

____________________________________________________________

『貞子』

2019年5月24日より全国にて
配給:KADOKAWA
公式HP:https://sadako-movie.jp/
(c)2019「貞子」製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34168826

伝説の『リング』から20年―。中田秀夫が再びメガホンを取り、シリーズ最新作にして恐怖の【原点】を描く!『貞子』公開決定&主演解禁を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事