« 北海道映画シリーズ第三弾ついに本日公開!前代未聞の「流しモッツアレラ」で初日を盛大に祝う!『そらのレストラン』公開初日舞台挨拶 | メイン | 映画初主演&初猫役に挑戦の北山宏光 「ワクワクした」妻・多部未華子と、現場での“家族の絆”語る『トラさん~僕が猫になったワケ~』完成報告会見 »

2019年1月28日 (月)

アカデミー賞6部門ノミネートで大注目!「『ブラック・クランズマン』は最高のスパイク・リー作品」ジョーダン・ピールが作品の魅力を語るインタビュー映像が到着

0128_011


スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』が3月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開となる。(配給:パルコ)1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという大胆不敵な事件を克明に綴った同名ノンフィクション小説を鬼才スパイク・リー監督が映画化。第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した『万引き家族』の次点となるグランプリを受賞し話題が沸騰。全米では辛口批評サイト「ロッテントマト」で95%フレッシュを獲得し、各メディアが大絶賛!また、第76回ゴールデングローブ賞には、作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞と4部門にノミネート、さらに第91回アカデミー賞ノミネーション発表では、作品賞、監督賞、助演男優賞、作曲賞、編集賞、脚色賞と6部門にノミネートされる快挙を果たした。主演のロン・ストールワースを演じるのは名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン。デンゼル・ワシントンがその名を知らしめた傑作『マルコムX』で映画出演を果たし、奇しくも同じスパイク・リー監督作品の本作で主演として脚光を浴びる。ロンの相棒フリップ・ジマーマンを『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作でカイロ・レン役を演じ、『沈黙 -サイレンス-』、『パターソン』などで演技に定評のあるアダム・ドライバーが演じる。そして、監督、脚本、製作のスパイク・リーに加え『セッション』のジェイソン・ブラム、そして『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督とアカデミー賞最強布陣が製作に名を連ねる。監督を務めた『ゲット・アウト』(17)ではアカデミー賞を受賞、今年3月全米で公開を控える『Us』(原題)も注目を集める中、7月12日(金)に公開する『トイ・ストーリー4』には声優で出演!続々と話題作に参加し、ハリウッドにその名を轟かせるジョーダン・ピール。本作ではプロデューサーとして参加した彼のインタビュー映像が到着。


スパイク・リーに本作の脚本を送った時の想いについて「まず、一番にしなければならなかったことは、このプロジェクトをふさわしい監督につなげることだった。最初に思い浮かんだのがスパイク・リーだった。『ブラック・クランズマン』には、スパイクの作品と共通点がたくさんある。どこか笑える作品の雰囲気で、ハラハラして……、迫力がある。」と語るジョーダン。ブラック・ムービーの歴史を築いてきたスパイク・リーは、本作で初めてアカデミー賞監督賞にノミネートを果たし、ジョーダンも自身のTwitterで「So so happy for Spike.(スパイクがノミネートされとても嬉しい)」と喜びのコメントを贈っている。

また、ロン・ストールワースを演じたジョン・デヴィッド・ワシントン、フリップ・ジマーマンを演じるアダム・ドライバーそれぞれについては、「完璧なキャスティングだ。ジョン・デヴィッド・ワシントンには、人を惹きつける力がある。ジョンがスクリーンに映った瞬間、観ている僕らは彼の味方になってしまう。この役は、ジョンをスターに押し上げる作品になる。アダム・ドライバーは全てをぶち壊してくれるような役者だ。今回の役は、アダムが演じてきた役のなかで、ぼくの一番のお気に入りなんだ。信頼できて、鋭い視点を持った親友は、どこか特別だ。」と、型破りな刑事コンビを見事に演じた二人を絶賛。

さらに、「『ブラック・クランズマン』には、潜入捜査をする男の緊張感があって、なんとなく場違いにも思える陽気さがある。『ドゥ・ザ・ライト・シング』にあるような、社会的な主張が描かれているし、『マルコムX』のような、歴史的に正確な描写もある。『ブラック・クランズマン』は、最高のスパイク・リー作品だ。まだスパイク・リーの作品を観たことがない人には、ぜひスパイク作品を全て観てもらいたい。」と、スパイク・リーへのリスペクトと共に作品への意気込みをたっぷりと語っている。

映画『ブラック・クランズマン』ジョーダン・ピール(プロデューサー)インタビュー映像
https://youtu.be/TSPa6Nh3MAA


____________________________________________________________

『ブラック・クランズマン』

2019年3月22日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて
配給:パルコ
公式HP:http://bkm-movie.jp/
(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ