« 『女王陛下のお気に入り』美しい宮廷を舞台に巻き起こる、女たちの愛と権力を巡る物語 オリヴィア・コールマン「3人の関係の描き方がとても斬新ですばらしいストーリー」と大絶賛! | メイン | 最強傭兵部隊 VS 殺人機械兵団 旧チェルノブイリ発電所に隠された銃器を奪還しろ!『バトル・ドローン』3月29日公開決定&ビジュアル・予告解禁! »

2019年1月10日 (木)

ティモシー・シャラメ、ダニエル・カルーヤに並ぶ「観るべき10人の俳優」ジュディ・デンチも惚れ込んだ!要注目のインド人イケメン俳優、アリ・ファザルとは

0110_005


主演ジュディ・デンチ×スティーヴン・フリアーズ監督最新作『ヴィクトリア女王 最期の秘密』 が2019年1月25日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国公開となる。


1887年、ヴィクトリア女王即位50周年記念式典。記念金貨の贈呈役に選ばれた若者アブドゥルは、英領インドからイギリスへとやってくる。最愛の夫と従僕を亡くし、長年心を閉ざしてきたヴィクトリア。そんな彼女が心を許したのは、王室のしきたりを無視し、真っ直ぐに自分へ微笑みかけてくるアブドゥルだった。身分も年齢をも超えた強い絆で結ばれていく二人だったが、周囲はそんな“君主と従者”の関係に猛反対。英国王室を揺るがす大騒動へと発展していく――。息子エドワード7世により、歴史から消された驚きの<真実>。一世紀もの時を経て、女王の晩年を輝かせた感動の秘密が明かされる。


この度、アブドゥル役に抜擢されたのは、日本でも大ヒットを記録した『きっと、うまくいく』で印象深い演技をみせたインドの若手実力派アリ・ファザル。大御所女優ジュディ・デンチに引けを取らない堂々の演技と息のあった掛け合いで、ヴィクトリア女王と従者アブドゥルの強く優しい絆を、観るものに感じさせる。そんな、いま要注目のインド人イケメン俳優アリ・ファザルの魅力に迫る。


史上最高の収益を記録したボリウッド映画『きっと、うまくいく』でスクリーンデビュー!
容姿端麗、180cmの高身長のインドの人気俳優アリ・ファザルは、1986年、インド・ラクナウ出身。当時、史上最高の収益を上げたボリウッド映画『きっと、うまくいく』(09/ラージクマール・ヒラニ監督)でスクリーンデビューし、留年させられ追い込まれていく青年ジョイ・ロボ役を印象深く熱演。本作は、全世界でおよそ6500万ドルを稼ぎ、日本国内でも第37回日本アカデミー賞優秀外国作品賞を受賞するなど大ヒットを記録しました。そのほか、舞台演劇やボリウッド映画など活動は多岐にわたり、多数の人気作に出演。また、『ワイルドスピードSKY MISSION』(15/ジェームズ・ワン監督)で、ヴィン・ディーゼルらに対する脇役としてハリウッドでのブレークスルーも果たし、2017年のヴァラエティ誌「観るべき10人の俳優」にティモシー・シャラメ(『君の名前で僕を呼んで』)、ダニエル・カルーヤ(『ゲット・アウト』)らと並び選出された、世界的にも注目されているインド人俳優だ。


大御所女優ジュディ・デンチもすっかり虜!?フェイスタイムをする仲に!
ファザルが『ヴィクトリア女王 最期の秘密』で演じるのは、心を閉ざしていたヴィクトリア女王を、素直で正直な性格、容姿端麗さで魅了していくインド人従者アブドゥル。この度、解禁された特別映像では、本作のキャスト、監督、プロデューサーらがファザルの魅力について語る。

インド現地で行ったというオーディションで監督の目にとまったファザル。インドからイギリスへやってきたアブドゥル同様、オーディションに勝ち抜いたファザルも初めてイギリスへ。さらにはヴィクトリア女王役のデンチも、初めてファザルに会った時の印象を「孤独で疲れた人が突然彼のような素晴らしいハンサムな若者に出会ったら、“なんて素敵。この人ならお話してみたい”と思うに違いないわ」と語っている。デンチと言えば、アカデミー賞女優であり、イギリスを代表する大女優。ファザルはそんなデンチとフェイスタイムで連絡をとりあったり、ウルドゥー語をレクチャーしていたという。役中のアブドゥル同様に、天真爛漫な性格で自然と周囲を惹きつける魅力を持った俳優であるファザル以外に、アブドゥル役に当てはまる俳優はきっといなかったに違いない。


ジュディ・デンチも惚れ込んだ!要注目のインド人イケメン俳優、アリ・ファザルとは
https://youtu.be/SDbb8_OwbLI


____________________________________________________________

『ヴィクトリア女王 最期の秘密』

2019年1月25日より Bunkamura ル・シネマほか全国にて
配給:ビターズ・エンド、パルコ
公式HP:http://www.victoria-abdul.jp/
(C)2018 Focus Features. A Comcast Company.

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事