« 『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』環境保護の活動家としても様々な運動の先頭に立って指揮する近年のヴィヴィアンの勇姿を追う!本編映像解禁 | メイン | アナ・ケンドリック×ブレイク・ライブリー 華麗なるふたりが織りなす傑作サスペンス『シンプル・フェイバー』公開決定&ポスタービジュアル到着! »

2018年12月 5日 (水)

キャスト集結でそれぞれの“○○待つ”を発表!『春待つ僕ら』プレミア試写会

1205_007


土屋太鳳×北村匠海×小関裕太というフレッシュなキャストが集結し、青春映画の傑作『ROOKIES-卒業-』の監督と、日本中が泣いた『君の膵臓をたべたい』のプロデューサーが強力タッグを組んだ『春待つ僕ら』が 12 月 14日(金)に公開となる。この度、12月3日(月)に映画「春待つ僕ら」のプレミア試写会イベントがユナイテッド・シネマ豊洲スクリーン 10 にて行われた。登壇者として、本作の主人公を演じた土屋太鳳(春野美月役)をはじめ、北村匠海(浅倉永久役)、小関裕太(神山亜哉役)、磯村勇斗(若宮恭介役)、杉野遥亮(多田竜二役)、稲葉友(宮本瑠衣役)、泉里香(柏木ナナセ役)、佐生雪(山田レイナ役)、平川雄一朗監督が登壇した。


本イベントを心待ちにしていた大勢のファンで一杯になった会場になんと客席を通ってキャスト陣と監督が登場すると、会場はヒートアップ!北村から、土屋へのバスケットボールがパスされると割れんばかりの歓声が響いた。自身の好きなシーンについて北村は「バスケシーンですね。みんなで生々しい部分もバスケで創っていこうと思いました。撮影の半年前から代々木公園でも練習していました」と明かした。そんな青春シーンの数々が生み出された撮影の現場では「みんなでゲームをしたり、撮影後はお風呂に入ったり仲を深めてました」と、バスケ部を演じた4名と小関が劇中のチームワークさながらの撮影裏でのエピソードを明かした。


さらにタイトル(「春」待つ「僕ら」)に掛けて、キャストそれぞれの「〇〇待つ〇〇」を発表!土屋は無事公開を迎えてほしいという思いから「初日待つ平川組」、そしていつも美月を気にかける無口で天然なバスケ部の浅倉永久を演じた北村はお腹が空いているという思いから「飯待つ匠海」、美月の小学校時代の幼なじみで天才バスケ少年の神山亜哉を演じた小関は自身がはまっており、朝イチから本作を観てもらうため、ぐっすり眠ってほしいという思いから「朝待つホットミルク」と、劇中のそれぞれのキャラクターとは異なった(!?)まさかの回答に会場を沸かせた。劇中の美月と男子バスケ部をはじめとする美月にとって大切な人たちとの関係性を思わせるようなトークのやりとりに、会場は終始和やかな雰囲気に包まれた。


そして、本作の感想や、期待コメントを桜の花びらのメッセージカードに書いていただく、「春待つ桜キャンペーン」を全国の劇場と連動して実施している本作。バックパネルがアンベールされると全国の方から寄せられた600枚もの桜の花びらのメッセージカードで満開の桜の木が出現!土屋は「がんばれという言葉が苦手だったけど、この作品を通じて好きになった。春待つという言葉が胸に刺さった。胸熱でした。ありがとう青春!」というファンからの声に胸を熱くした。


イベントの最後には、本作の公開を心待ちにしているファンに向けて、北村は「青春、学校生活って甘酸っぱくていいなと思える要素がたくさん詰まっています。バスケシーン、三角関係、友情など最後まで楽しんでください」、土屋は「私たちが必死で踏ん張って歯を食いしばって、本当の友情や熱意、悔しさや意地の思いを込めて演じきった作品になります。是非皆さん受け取ってください」と、「春待つ僕ら」愛に溢れた熱烈なアピールが贈られ、今回のイベントは大盛況の内に幕を閉じた。


____________________________________________________________

『春待つ僕ら』

2018年12月14日より全国にて
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/harumatsumovie/
(C)あなしん/講談社 (C)2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34161446

キャスト集結でそれぞれの“○○待つ”を発表!『春待つ僕ら』プレミア試写会を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事