« 地獄のような檻の中を生きた男の衝撃の半生とはー実話を基に描く、衝撃のヴァイオレンス・アクション!『ザ・ナンバー』が予告解禁! | メイン | グザヴィエ・ドランも大絶賛!! 「アンドリュー・へイ監督の世界に、ふっ飛ばされた」ヴェネチアが選んだ期待の新人チャーリー・プラマーの瑞々しい演技が輝く『荒野にて』本予告&本ポスター解禁 »

2018年12月27日 (木)

映画『まく子』原作者 西加奈子が思わず涙―世代を超えて気づきをくれる、再生と感動の物語 優しい世界を描き出すドラマチックなポスタービジュアルが解禁!

1227_003


西加奈子が第152回直木賞(「サラバ!」)受賞後、一作目として書き下ろした小説「まく子」。児童小説では異例の累計55,000部の売り上げを記録し、幅広い世代から愛される西の世界観を見事に感動作として昇華させた映画『まく子』が2019年3月15日(金)よりテアトル新宿、他全国公開となる。


ひなびた温泉街の旅館の息子サトシは、小学5年生。自分の体の変化に悩み、女好きの父親に反感を抱いていた。ある日、美しい少女コズエが転入してくる。言動がどこか不思議なコズエに最初は困惑していたサトシだったが、次第に彼女に魅せられていく。そして「ある星から来たの。」と信じがたい秘密を打ち明けられる。枯葉や紙の花を楽しそうにまくコズエが、やがて町の人々みんなにまいたものとは…。


思春期を生きるサトシの葛藤とコズエとのせつない初恋を軸に、家族を愛しつつも浮気をしてしまう父親、それを知りながら明るくふるまう母親、道ならぬ恋をする若い女性、訳ありの親子・・・小さな町のどこか不器用な人々を映し出す。


主人公・サトシを『真夏の方程式』(2013)で福山雅治演じる湯川と心を通わせる少年役だった山﨑光が演じ、思春期の揺らぎを見事に表現した。謎の転入生・コズエを演じるのは、圧倒的な美しさを放つ新星・新音(にのん)。そして、旅館を切り盛りするサトシの母・明美役に、ドラマ「半分、青い。」に出演し話題の女優・須藤理彩、女好きなダメな父親だけれど、息子の成長を陰ながら見つめ背中を押す父・光一役を草彅剛が演じ、色気を漂わせ新境地をみせる。つみきみほ、村上純(しずる)ほか、大人たちの名演がしっかりと子どもたちを支える。


監督は、初長編映画『くじらのまち』がPFFアワード2012にてグランプリ&ジェムストーン賞をW受賞し、第63回ベルリン国際映画祭をはじめ各国の映画祭で上映され国内外問わず高く評価された鶴岡慧子が務める。

感動の余韻に寄り添うエンディング曲は、高橋優が書き下ろした主題歌「若気の至り」。誰もが通り過ぎる思春期の揺れる気持ちをうたった名曲で、せつないメロディとともに歌詞にある“今ここにしかない光”が胸に響く。

この度完成した本作のポスタービジュアルは、キャッチコピー“大人になりたくない僕が恋をした不思議な少女。彼女がまく奇跡に世界は美しく輝き出す―” とともに、思春期を生きるサトシ(山﨑光)と空に向かって美少女コズエ(新音)が撒いている姿、そして、サトシの父親・光一(草彅剛)と母親・明美(須藤理彩)や、小さな町で生きる人々の姿を映し出している。

映画を鑑賞した原作者の西加奈子からもコメントが到着した。西自身も特別に思い入れのある本作が映画化になったことについて「明日へ、そして次の世代へと繋がっていく“再生”の象徴としての「撒く」という行為が、映画の中で、はっとするくらいみずみずしく、鮮やかに描かれていて、思わず涙しました。」と喜びのコメントを寄せている。


____________________________________________________________

『まく子』

2019年3月15日よりテアトル新宿ほか全国にて
公式HP:http://makuko-movie.jp/
(C)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事