« 『蜘蛛の巣を払う女』「クレア・フォイは、直感的なキャスティング」『ドラゴン・タトゥーの女』ルーニー・マーラからクレア・フォイへ。新生ドラゴン・タトゥーの女リスベットをフェデ・アルバレス監督が語る! | メイン | 4度目の共演で演じるのは、口の減らないこじらせた男女 こんなノロい“お姫様抱っこ”見たこと無い!?キアヌ・リーブス&ウィノナ・ライダーの特別新映像を解禁『おとなの恋は、まわり道』 »

2018年12月 4日 (火)

夏帆が「クソ女」に!?そして、泥だらけ!?のビジュアル完成。復活を目指す、あなたに元気をくれる映画が誕生!?『きばいやんせ!私』ポスタービジュアル解禁&公開日決定

1204_004


映画「百円の恋」で映画賞を総なめにしたゴールデンコンビの武正晴監督、足立紳脚本と女優夏帆が本土最南端でトリプル・タッグを組んで完成させたユーモアを交えたヒューマンドラマ映画『きばいやんせ!私』(製作・配給・宣伝:アイエス・フィールド)より、ポスタービジュアルが解禁となり公開日が決定した。

本土最南端の町、鹿児島県肝属郡南大隅町を舞台に不倫騒ぎで週刊誌に叩かれ、番組のMCを降ろされ、左遷され、何事にもやる気をなくした「クソ女」と思われている女子アナ、コジタカこと児島貴子が、気の乗らない取材をする中、奇祭、「御崎祭り」を続ける為に奮闘する町民に触れ、「仕事とは」、「生きることとは」に気づきはじめ、個性豊かな街の人々を巻き込んで、祭りの“完全復活”の為に奮闘する笑いと涙の”復活エンターテイメントが『きばいやんせ!私』。


武正晴監督、足立紳脚本。映画「百円の恋」で映画賞を総なめにしたゴールデンコンビが、ヒット作『噓八百』に続き、この本土最南端で再びタッグを組み、そこに女優夏帆が加わり、化学反応を起こし、笑いと涙の復活エンターテイメント!となった。

ポスターは、泥のついた顔でマイクを持つ女子アナ児島貴子役の夏帆が、舞台である本土最南端の町、鹿児島県肝属郡南大隅町の佐多岬を取り入れた絵画のキャンバス的な雰囲気の背景をバッグに、おもちゃ箱の中のように何かありそうで飛び出してきそうなビジュアルポスターとなった。


今作には地元に根を下ろし、畜産業で働く太郎役の太賀、ホテルマンの洋平役の岡山天音、町役場の担当者田村役の坂田聡、調子の良い映画プロデューサー鏑木役の鶴見辰吾、食堂店主のユリ役の愛華みれ、町長役の榎木孝明、南大隅町の奇祭「御崎祭り」奉賛会の牛牧会長役の伊吹吾郎も登場。楽しくもあり、懐かしさもあり、牧歌的で不思議な少し弾けた味わいのある雰囲気となった。そして公開日も2019年3月9日(土)より有楽町スバル座ほか全国ロードショーと正式決定した。


本土最南端の町、鹿児島県肝属郡南大隅町を舞台に不倫騒ぎで週刊誌に叩かれ、キー局のニュースショーのMCを降ろされ、左遷され、何事にもやる気をなくした「クソ女」と思われている女子アナ、コジタカこと児島貴子が、気の乗らない取材をする中、過疎高齢化が進む中、1300年続く伝統行事、「御崎祭り」を続ける為に奮闘する町民に触れ、「仕事とは」、「生きることとは」に気づきはじめ、個性豊かな街の人々を巻き込んで、祭りの“完全復活”の為に奮闘する“笑いと涙の”復活エンターテイメントが『きばいやんせ!私』。主演の女子アナウンサー児島貴子役には、『海街diary』(15 年)、『ビブリア古書堂の事件手帖』( 18年)など、秀作・話題作に出演し、2019年公開予定の主演映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が待機中の夏帆。また、貴子の町の案内役を託された畜産業で働く、ぶっきらぼうな橋脇太郎役に「50回目のファーストキス」(18)、「母さんがどんなに僕を嫌いでも」(18)など出演作が目白押しの若手男優注目度No.1の太賀。その他、ホテルマンの洋平役に岡山天音、町役場の担当者でおしゃべりが止まらぬ田村役に坂田聡、ご当地映画を企画している妙に調子の良い映画プロデューサー鏑木役に鶴見辰吾、食堂店主のユリ役に南大隅町出身の愛華みれ、人の良さそうな町長役に鹿児島県出身の榎木孝明、「御崎祭り」奉賛会の牛牧会長役に伊吹吾郎らの豪華な出演陣が脇を固める。監督は『百円の恋』(14年)『嘘八百』(18年)『銃』(18年)の名手、武正晴。脚本は『百円の恋』(14年)『嘘八百』(18年)『こどもしょくどう』(18年)の実力派、足立紳。「きばいやんせ」とは、鹿児島弁で「がんばれ」の意味。日常に疲れ、明日を見失ってしまったとき、映画『きばいやんせ!私』が、がんばる元気を連れて来る!


____________________________________________________________

『きばいやんせ!私』

2019年3月9日より有楽町スバル座ほか全国にて
配給:アイエス・フィールド 
公式HP:http://kibaiyanse.net/
(C)2018「きばいやんせ!私」製作委員会

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事