« シャンソン歌手クミコがバルバラの楽曲で観客を魅了!「バルバラの歌とベタな日本語詞で、新たな世界が生まれた」『バルバラ ~セーヌの黒いバラ~』公開記念イベント | メイン | 映画『ボヘミアン・ラブソディ』2週連続NO.1! 前週比驚異の110%  胸アツ応援上映も完売続出!<クイーン第三次ブーム到来>社会現象に! »

2018年11月19日 (月)

『ノーザン・ソウル』誰も知らないレコードで、この町から抜け出すんだ。1974 年、イギリス。若者たちは 60 年代のソウルで激しく踊り狂った。待望の日本限定!劇場公開用メインビジュアル完成!

1119_007


2014 年制作のイギリス映画で『さらば青春の光』、『トレイン・スポッティング』、『24 アワー・パーティ・ピープル』、『THIS IS ENGLAND』に並ぶ英国ユース・カルチャーを描いた新たな傑作『ノーザン・ソウル』が遂に 2019年 2月 9日(土)より新宿シネマカリテ、神戸・元町映画館ほかにて劇場公開される事が決定。劇場公開用メインビジュアルが完成した。

モノクロの主人公ジョン(エリオット・ジェームズ・ラングリッジ)の額にはノーザン・ソウルの激しいダンスによる汗で前髪が絡みついている。ジョンの胸の辺りにはダンスホールで踊り狂う人々。さらにその下には、映画の主要登場人物の姿がレイアウトされている。

左から相棒のマット(ジョシュ・ホワイトハウス)、ジョンが想いを寄せる看護師のアンジェラ(アントニア・トーマス)、少し悪い大人のノーザン・ソウル仲間ショーン(ジャック・ゴードン)、そして、映画の中でノーザン・ソウルのトップ DJ として登場するレイ・ヘンダーソン(ジェイムス・ランス)がレイアウトされています。役者たちの表情はどの顔もイキイキとしており、否が応でも劇場公開が待ち遠しくなるデザインとなっている。

キャッチコピーは
誰も知らないレコードで、この町から抜け出すんだ。
1974 年、イギリス。
若者たちは 60 年代のソウルで激しく踊り狂った。
デザイン:武田明徳(VOX)


____________________________________________________________

『ノーザン・ソウル』

2019年2月9日より新宿シネマカリテほか全国にて順次公開
配給:SPACE SHOWER FILMS
公式HP:http://northernsoul-film.com/
Film (C) 2014 Stubborn Heart Films ( Heart Of Soul Productions) Limited All Rights Reserved.

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事