« ディズニーの新たなヒロイン“クララ”と“秘密の王国”の個性豊かなキャラクターたちのビジュアルお披露目!『くるみ割り人形と秘密の王国』 | メイン | 『旅猫リポート』動物たちとのコミュニケーションでキャスト悶絶!もふもふメイキング映像公開 »

2018年10月19日 (金)

『search/サーチ』“これが、新感覚の映像表現!”本編特別映像解禁

1019_010


忽然と姿を消した 16 歳の女子高生マーゴット。行方不明事件として捜査が始まる。家出なのか、誘拐なのかわからないまま 37 時間が経過。娘の無事を信じる父デビッド(ジョン・チョー)は、彼女の PC にログインし SNS にアクセスを試みる。インスタグラム、フェイスブック、ツイッター・・・。そこに映し出されたのは、いつも明るく活発だったはずのマーゴットとはまるで別人の、自分の知らない娘の姿があったーー。サンダンス映画祭 2018 で観客賞を受賞、100%全て PC 画面の映像で展開するサスペンススリラー『search/サーチ』が 2018 年 10 月 26 日(金)に全国公開決定!「ナイトウォッチ」でロシア映画にして最先端の映像技術を用いた手法で全世界を震撼させ、ハリウッド監督デビュー作となった SF「ウォンテッド」を世界的ヒットに導いたティムール・ベクマンベトフが新しく提唱する映像表現“スクリーン・ライフ”を見事に映し出したシーン映像が解禁となった。

“スクリーン・ライフ”というのは PC 画面上にどんなウィンドウが開いているか、カーソルがどう動くか、キーボードをどう叩くか、一度入力してからどれくらいの秒数で削除するか、といったことを見るだけで、その人の意思や心配事、愛情、友情、懐かしい思い出などコミュニケーションを含めた人生の全てをデバイス上の動きだけで映像表現する方法。


「今、どこだ?」「勉強会」「誰の家で?」「生物のクラスの子」「いつ帰る?」「遅くなるかも」..心配性の親と、それを理解しつつも、答えることが少し面倒な娘。「行かなきゃ」...父のいつもの小言が始まる前に早く切り上げたい娘は、有無を言わさずFaceTime をオフにするが、娘のことが気がかりな父は、その後もいくつかのテキストメッセージを送る。そして最後に「お前を誇りに思ってる」と入力、その後3年前に病気で亡くした母親について「ママもそう思うはずだよ」と書き込もうとするが、少し考えてから削除する。

一見、よくある親子の会話だが、本作ではその感情の動きを全て“スクリーン・ライフ”で表現。マウスが動く方向や速度に到るまでその〝人物〟を表現するためのあらゆる感情の動きを脚本に落とし込んだため、そのボリュームは通常の25倍にもなったとチャガンディ監督は述べている。一日の半分をデバイスの前で過ごしている現代人たちにとって、一番リアリティに溢れる、新時代のための、新感覚の映像表現を切り取った映像となっている。

映画『search/サーチ』特別映像
https://www.youtube.com/watch?v=X6HIywAr8Ws

____________________________________________________________

『search/サーチ』

2018年10月26日より全国にて
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式HP:http://www.search-movie.jp/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34148264

『search/サーチ』“これが、新感覚の映像表現!”本編特別映像解禁を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事