« 『プーと大人になった僕』観客動員160万人達成!興収21億円突破!この秋最高の感動作から<国民的映画>へ! | メイン | ノルウェーの美しい大自然を舞台に描かれる“現代のおとぎ話”北欧ホラー『テルマ』衝撃の冒頭映像が公開 »

2018年10月19日 (金)

日・仏の名優(ジャンヌ・バリバール×夏木マリ)が夢の競演!「バルバラはエネルギッシュでパンクな一面もある!!」『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』

日時:10月17日(水)
場所:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
登壇者:ジャンヌ・バリバール、夏木マリ

1019_016



2017年カンヌ国際映画祭、ある視点部門ポエティックストーリー賞を受賞、パリが生んだ20世紀最高の歌姫バルバラが紡ぐ、激情のドラマ『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』が、11/16(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショーとなる。この度、映画『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』の公開を記念し来日した主演のジャンヌ・バリバールと、若い世代からも人気を誇る夏木マリという、日・仏の俳優兼歌手である2人がイベントに登壇した。バルバラの代表曲である「黒いワシ」の詩を日本語とフランス語を交え朗読し、没後20年を過ぎた今でも、若い世代にも圧倒的影響力を誇るバルバラの生き様、そしてその魅力について語り尽くした。


『バルバラ ~セーヌの黒いバラ~』の公開記念イベントに、来日した主演のジャンヌ・バリバールと、バルバラが大好きだという夏木マリが登壇。


イベントが始まると同時に会場が暗転し、舞台上にジャンヌ・バリバールと夏木マリが登場。バルバラの代表曲「黒いワシ」の詩の朗読を二人が始め、場内は一気に伝説の歌手バルバラの世界へと飲み込まれた。厳かな雰囲気に包まれ、観客も二人の朗読に耳を澄ませ酔いしれている様子だった。


朗読した「黒いワシ」について、夏木は「強烈な歌詞で、幼い頃に父親に犯されたこととかがあって書かれた曲なので、とても好きな曲だけど重い曲ですね」と詩の感想を話すと、ジャンヌもそれを受け「私もこの歌はちょっと歌いづらいです。だからこの曲は映画でも歌っていない。フランスでも、この曲をカバーしているのはみんな男性です」と答えた。


バルバラの魅力について夏木は「バルバラの詩の魅力は2つあって、攻撃的で孤独、哀しみなどの面と、女性的で愛がある2つの面を併せ持っていて、この両方を持っている人ってなかなかいない」とその魅力を語った。
一方ジャンヌは「バルバラの成熟度は突出していた。もちろんフランスの他の歌手も好きな人はたくさんいるけれど、女性が暴力的な世界でどう生きていくのかという意味で、バルバラは特に好きです。大人になるには矛盾を抱えるということを彼女から学びました。彼女はエネルギッシュでパンクな一面もあるのです。」と熱く語った。

この映画の魅力に夏木は「ジャンヌがバルバラにしか見えない。あれ?これバルバラなのかな?と思う瞬間があって、彼女が生きているという感じだった。とても素敵でいい映画でした!こういう映画がヒットしないとダメよね」とジャンヌを手放しで絶賛した。

この映画がヌーヴェルヴァーグのようにドキュメンタリー的でいい意味で生々しさがあるとMCが話を振ると、ジャンヌは「ヌーヴェルヴァーグの映画のように映画を楽しんでつくってもいいはず。バルバラも歌を、保守的な作り方でなく、“今日はミュージックホール風に演奏してみよう”など自由につくっていた。だから素晴らしい曲が生まれ、この映画も素晴らしくなったと思う」と笑顔を見せた。


ジャンヌが女優、歌手として以外に監督業も始めたことを明かすと、「フランス語は話せないけど、どうかしら?」と夏木がその場で自分を売り込み、会場の笑いに包まれた。

日・仏の俳優兼歌手である二人による詩の朗読に観客は酔いしれ、終始穏やかなな雰囲気でイベントは幕を閉じた。


____________________________________________________________

『バルバラ ~セーヌの黒いバラ~』

2018年11月16日よりBunkamuraル・シネマほか全国にて順次公開
配給:ブロードメディア・スタジオ
(C) 2017 - WAITING FOR CINEMA - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA – ALICELEO

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事