« 渡辺直美がエクササイズバイクでトレーニング!サプライズでバースデーケーキ登場に“人生最高のハプニング”!?『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』吹替版完成披露試写会 | メイン | 映画『葬式の名人』 キャスト発表!前田敦子 高良健吾 ノーベル賞作家・川端康成の作品を原案にした、笑って泣ける“お葬式コメディ”で、実力派キャストが共演! »

2018年10月19日 (金)

『バグダッド・スキャンダル』ベン・キングズレー激怒!ざわつく会場を黙らせる オスカー俳優圧巻の一喝本編映像解禁

1019_011


国連史上最悪の政治スキャンダルを描いたポリティカル・サスペンス『バグダッド・スキャンダル』が11/3(土)よりシネマカリテ他全国順次公開となる。本作の本編映像が解禁となった。


本作は、元国連職員のマイケル・スーサンが自身の体験を基に書き起こした2008年のベストセラー小説「Backstabbing for Beginners」の映画化作品。困窮するイラク国民を救うはずの夢の人道支援プログラム「石油・食料交換計画」の裏で行われていた国連史上最悪の政治スキャンダルを描く。「石油・食料交換計画」とは、国連がイラクの石油を管理し、その販売金でイラク国民に配給するという支援計画。しかし、総額640億ドル(約7兆1千億)という巨額の予算のため賄賂や不正が横行し2003年に終了した。当時の国連事務次長のベノン・セバン自身(本作での役名はコスタ・パサリス、通称:パシャ)の関与が疑われたが、国連は調査協力を拒否したため現在も全貌が明らかになっていない。そんな事件の鍵を握る重要な役を演じるのは、『ガンジー』(82)で第55回アカデミー賞主演男優賞受賞し、その後も『シンドラーのリスト』(93)『砂と霧の家』(03)などの数々の名作に出演しているオスカー俳優のベン・キングズレーだ。最近は、オスカー・アイザックと共に主演の実録スリラー『Operation Finale(原題)』(18)も本国でヒットし、主演映画『セクシー・ビースト』(00)が、米PramountTVで前日譚シリーズとして甦ることでも話題。待機作には、スペインの画家サルバドール・ダリの伝記映画『Dali Land(原題)』に主演のダリ役での出演も決まっている。本作では、部下マイケル(テオ・ジェームズ)を見守るよき上司の一面もありながら、事件の真相を知る疑惑の人物という難しい役どころを存在感たっぷりに演じている。また、キプロス出身の役に合わせて英語もアラブ訛りで演じ切った。


今回解禁となった映像は、パシャ(ベン・キングズレー)中心に国連のバグダッド支部で職員や関係者たちと「石油・食料交換計画」についての会議が行われている場面。パシャが、「皆さん」と呼びかけるも皆好き勝手発言し、誰も聞く耳を持たない。その状況に、呆れているマイケル(テオ・ジェームズ)。我慢の限界に達したパシャは、おもむろに自分の靴を手に持ち、それで机を強く叩き「うるさい!」と激怒!「サダムの操り人形か!計画を継続できなければイラク国民がどうなるか…いい加減、目を覚ませ!安保理決議に反対する立場にいない。それが嫌なら資格を返上して国に帰れ!」と一喝して席を後にする。


近年、『スポットライト 世紀の大スクープ』(15)や『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(17)など、社会派ドラマが話題を呼んでいるが、本作も実話を基に国連の存在意義を問う重厚な作品となっている。
『バグダッド・スキャンダル』は、11月3日(土)よりシネマカリテほか全国順次公開。


【ベン・キングズレー激怒!】11/3公開『バグダッド・スキャンダル』本編映像
https://www.youtube.com/watch?v=pkFDmfJ7lmI&t=29s

____________________________________________________________

『バグダッド・スキャンダル』

2018年11月3日より シネマカリテほか全国にて順次公開
配給:アンプラグド
公式HP:http://baghdad-s.com/
(C) 2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/ BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34148265

『バグダッド・スキャンダル』ベン・キングズレー激怒!ざわつく会場を黙らせる オスカー俳優圧巻の一喝本編映像解禁を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事