« 岩田剛典 × 杉咲花《恋人たちのシンボルを盛り込んだ》”パーフェクトカーペット”に登壇し、パーフェクトな絆を深める!『パーフェクトワールド 君といる奇跡』完成披露プレミアイベント | メイン | 『春待つ僕ら』“大事なもの”が見つかれば、人は強くなれる胸アツ必至のポスター画像到着 »

2018年9月 5日 (水)

スペイン史上最年少三ツ星シェフ、エネコ・アチャが語る、究極のバスク料理の世界とは―?『世界が愛した料理人』公開記念 試食会&エネコ来日トークショー

日時:9月4日(火)
場所:ENEKO Tokyo
登壇者:エネコ・アチャ(「アスルメンディ」シェフ)

0905_005



スペインのミシュラン料理人が究極の食を求めて日本の名店を巡る美食ドキュメンタリー『世界が愛した料理人』が9月22日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開することが決定。第67回ベルリン国際映画祭で上映され、話題を集めた本作は、スペイン史上最年少でミシュラン三ツ星を獲得した天才料理人エネコ・アチャが料理の真髄、魂とは何かを求めるため、「すきやばし次郎」をはじめとする日本の名店を巡る美食探求ドキュメンタリー。9月4日にぴったりな『世界が愛した料理人』公開イベントがエネコ・アチャがプロデュースした都内屈指の一流レストラン「エネコ東京」にて実施された。

0905_006


イベントはまず、エネコ東京一押しのグラスワイン「チャコリ」と、可愛らしい前菜がバスケットに盛り付けられた「ピクニック」、そしてスプーンの上に卵の黄色い黄身とトリュフの色合いが絶妙なグラデーションを描いて丸くちょこんと乗っている「トリュフ風味の卵」の試食から始まった。味だけでなく、見た目にも趣向をこらしたエネコ東京の料理は、もはや芸術といっても過言ではない。料理に舌鼓をうったあとは、本作のダイジェスト上映を10分間実施し、ついにスペイン史上最年少でミシュランの三ツ星を獲得し、本作にも出演している天才シェフ、エネコ・アチャのトークショーが始まった。

エネコ氏の故郷でもあるスペイン・バスク地方の料理の魅力について改めて聞くと「バスク料理は、味はもちろん環境や伝統を大事にしているのですが、我々バスク人は伝統を重んじている中でも常に『新しいものを作りたい』という意志があります。」と答えたエネコ氏。彼の「新しいものを作りたい」という意志は、本日提供された試食の「ピクニック」と「トリュフ風味の卵」にも反映されている。「ピクニック」は、エネコ氏が拠点を置いているバスク地方のレストラン「アスルメンディ」をオープンしたときに「何か新しいものをプレゼントしたい」と思い、アスルメンディに隣接している「ガーデン」という庭から着想を得て発案された料理だ。そして、「トリュフ風味の卵」は生産者への尊敬の念を込めて作られた料理で、アスルメンディの近くに素晴らしい卵の生産家が住んでいたため、彼の卵を伝えるためにバスクの伝統的な調理法をアレンジして生まれた料理だ。
これまで世界中の様々な料理を食べ、多くのシェフ達と交流してきたエネコ氏の根底にあるのは、幼い頃に食べた母親のあたたかい料理だ。「私の魂の中から出てくる料理は、母から教わった料理です。母はとても優しく、その優しさがこもった料理を世界に広めたいと思いました」。また、先日無くなったジョエル・ロブション氏にも多大な影響を受けたそうだ。「彼は私にとって素晴らしい先生です。レシピだけでなく、人格的にも素晴らしくて、様々な知識を共有してくれました。」と言った。

また、「サステナブル」―すなわち「持続可能」という精神を重んじているエネコ氏にとって、自分の知識を後世に伝えるということは重要なテーマだ。「土地に与えられたものに感謝して、社会に貢献し次の世代に伝えるというものを大事にしています」と語るエネコ氏は、「料理人だけでなく、自分の家族や友人のために料理を作る人々にも影響を受けました。シェフは、自分が得た知識や影響を広めていくことによって、より素晴らしいものを作っていけるようになると思います」と語った。

本日のイベント会場である「エネコ東京」は、昨年9月にオープンし、今月で1周年という大きな節目を迎えた。「バスク料理、つまりガストロノミーには色々な種類やスタイルがありますが、日本料理にも寿司や懐石料理など様々なスタイルがあります。」と、日本料理とバスク料理のあいだに共通点を見出しているエネコ氏が、エネコ東京で目指すものは何なのか尋ねると、「エネコ東京では、日本の四季や伝統を大切にしながら、バスクの精神を日本に伝えたいという思いを一番大切にしています。バスク人にとっても日本人にとっても『食卓』はお祝いの場として大切なシンボル。バスクのお祝いのシンボルである『食卓』を、日本でも伝えていきたいと思っています。バスクと日本の距離を縮めていけるような料理を提供し続けていきたいです」と答えた。

スペイン史上最年少でミシュランの三ッ星を獲得し、天才と謳われたエネコ氏の飽くなき挑戦は、母国スペインを越えて世界に向けてまだまだ続く。

エネコ氏が出演している映画『世界が愛した料理人』は9月22日より全国順次公開。

____________________________________________________________

『世界が愛した料理人』

2018年9月22日よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて順次公開
配給:アンプラグド
公式HP:http://sekai-ryori.com/
(C)Copyright Festimania Pictures Nasa Producciones, All Rights Reserved.   

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事