« 映画『愛しのアイリーン』公開記念トークイベント“俺たちの新井英樹NIGHT”開催決定!特別ゲストに大森靖子! | メイン | 『THE FAVOURITE(原題)』映画評を掲載した16のメディアが全て大絶賛!五つ星連発、ロッテントマトで100%フレッシュをたたき出す! »

2018年9月 3日 (月)

ヤヌス・メッツ監督、はじめは「僕で撮れるのだろうか?」撮影秘話&シャイア、スベリルにも言及 インタビュー映像、メイキング写真解禁『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』

0903_005


1980年、世界中が注目する中、エレガントなプリンスとワイルドな野生児の対極的な2人が、ウィンブルドン決勝戦でぶつかり合った世紀の試合を描いた『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』が、8月31日(金)より公開中。このほど、本作の監督を担当したヤヌス・メッツのインタビュー映像が公開された。


監督は、衝撃の戦場ドキュメンタリー映画『アルマジロ』で、第63回カンヌ国際映画祭批評家週間グランプリを受賞したヤヌス・メッツ。本作ではハンディカムやステディカムカメラを駆使して縦横無尽の角度から試合シーンを捉え、臨場感が炸裂する白熱のエンタテインメントを完成させた。


世界中が固唾を呑んで見たスポーツ史に刻まれた究極の名勝負の映画化が実現した本作。インタビュー映像でヤヌス・メッツ監督は、マッケンローを演じたシャイア・ラブーフについて「シャイアの集中力はすごいよ。ひとつのシーンに同じアプローチで臨むことは絶対にないんだ。いつも何か新しい要素を持ち込んでくる。そして彼は周りのすべてのテンションを上げることができる。シャイア・ラブーフとは、ドキュメンタリーを撮っているようだったよ。カメラが彼の演技に従わなくちゃならない。それが理解できれば、シャイアとは最高のシーンを撮ることができる。」と、初のタッグとなったシャイアとの撮影時のエピソードを明かし、ボルグ役のスベリル・グドナソンについては、「いつも謎の部分がある。そしてそれは、彼の役作りにおいてとてつもなく興味深い瞬間を作り上げた。」と、充実感を得た様子で語っている。

監督のきっかけについて聞かれると、「ビヨン・ボルグの映画を僕で撮れるのだろうか?僕はスェーデン人じゃないし、テニスに特別な興味があるわけでもないし。」と脚本を見たとき思ったとエピソードを告白。続けて、「でも、なんとなく引っかかるものがあった・・・何かが僕の意識を捉えた。脚本は本当に素晴らしくて心揺さぶられる始まり方だった。実際、脚本はいっぺんに読んでしまったよ。大いに感動したね。スポーツや2人のアイコンについてだけの物語じゃなかった。人生に対する2つの非常に異なるアプローチが描かれていたんだ。」と話し、また、「『ボルグ/マッケンロー』は、違った方法で、同じ悪霊に駆り立てられていた、2人の人間についての映画だ。認知されたいという思い、意味を見出したいという思いに駆り立てられて、人生最大の疑問に直面する。どうして僕らはここにいるんだ?どのように生きるべきなのか?」と本作の内容について解説している。

頂点に立つ者と追いかける者の孤独と葛藤。生きるか死ぬかの鬼気迫る闘いの表と裏に迫る、熱狂と興奮の最高潮に、やがて押し寄せる感動の実話。80年代のレジェンドにして、今なおテニスプレイヤーの頂点の存在として歴史を作った、あのボルグVSマッケンローの熱き闘いを是非スクリーンで。


【公式】 『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』 8.31公開/ヤヌス・メッツ監督インタビュー
https://youtu.be/ohckoAJimXA


____________________________________________________________

『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』

2018年8月31日よりシネマズ日比谷ほか全国にて順次公開
配給:ギャガ
公式HP:http://gaga.ne.jp/borg-mcenroe/
(C)AB Svensk Filmindustri 2017

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事