« ワールドプレミアに、プーさんが暮らしていた“100エーカーの森”が出現!主演のユアン・マクレガー、<初来日>を宣言!『プーと大人になった僕』ワールドプレミア | メイン | 『ルイスと不思議の時計』10月、日本公開決定!!本予告&本ポスタービジュアル到着!! »

2018年8月 1日 (水)

「これから日本を背負って立つ役者」樹木希林が黑木華を大絶賛『日日是好日』完成披露試写会舞台挨拶

日時:7月31日(火)
場所:MOVIX 京都
登壇者:黑木華、樹木希林、大森立嗣監督、森下典子(原作者)、中西凜々子(サプライズゲスト、中学1年生、ジュニア京都観光大使)

0801_014


エッセイスト・森下典子が、約25年に渡って通い続けた茶道教室の日々を綴った大人気エッセイ『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮文庫刊)を日本映画界屈指の実力派キャスト・スタッフで映画化。黑木華、樹木希林、多部未華子の初共演で贈る、一期一会の感動作、『日日是好日』(にちにちこれこうじつ)が10月13日(土)全国公開となる。公開を記念して7月31日(火)、MOVIX 京都にて完成披露試写会舞台挨拶が行われた。


禅の心と茶の徳を伝える栄西禅師が開山した京都最古の禅寺である建仁寺での完成披露イベント(献茶式、記者会見)後、完成披露試写会舞台挨拶に黑木華(典子役)、樹木希林(武田先生役)と、大森立嗣監督、原作者の森下典子が登壇。完成披露イベントの感想、作品への想いをそれぞれ語った。最後にサプライズゲストとして、本編の茶室に飾られている【日日是好日】の字を書いた中西凜々子(なかにしりりこ)さんが実際の“書”を持って登場した。

史上初、“お茶”の映画として、京都での完成披露イベント実施となり、建仁寺で献茶式、記者会見を行ったことについて、大森監督が「みなさんと一緒に仕事ができたことを誇りに思っています」と感慨深げに振り返り、黑木が「大学時代を過ごした京都で見ていただけて嬉しい」、樹木が「京都あっての映画」、森下が「盆と正月がきたような喜び」と述べた。大森監督は着物を着るのが初めてとのこと、「5センチくらい浮いているような感じです」と照れた。


今回、黑木と樹木は初共演。黑木は樹木を「かっこいいんです。人としても女優さんとしても。こういう人になりたいという人は今までいなかったんですが、初めてそう思いました」。樹木は黑木を「まだ28歳ですが、しなやかでとても強い。これから日本を背負って立つ役者だと思います」と大絶賛。「本(台本)を読んだとき、この作品は主役によるな、と思ったんです」と黑木あっての作品であることをアピールした。お茶の先生の役について「それはいやだなあと。習っている人ならごまかせるけど・・・まあ、うーん、なんとかなるかと思ったらやっぱりならないもんですよ。ちょっと汗が出ました」と会場の笑いを誘った。


典子を演じてお茶とかかわり、「四季折々の音とか、匂いとか、そういうものを感じるということをしていなかったことに気づきました。」と振り返る黑木。樹木は「時代劇でお茶を瞬間的に出すのはありますが、これだけ丁寧に、現代の若い女性がかかわっているのはめずらしいです。お茶のいろいろな流派の方が全部協力していただけているのというのはとてもありがたいこと。お礼を申し上げます」と感謝した。

さらに特別ゲストとして、本編の茶室に飾られている【日日是好日】の字を書いた中西凜々子さんが実際の“書”の額縁とともに登場。その経緯が樹木から語られた。書いたときは小学6年生。樹木は凜々子さんの書は”見るもの”と語り、推薦したが、大森監督は「伸びやかに感じたんです。狭いお茶室にこういう字があるっていうことは、この映画にとっては、大事な気がしました。この字でいきましょうということにしました」。凜々子さんがファンだという黑木も「典子が初めて見る字ということで、すごくインパクトがあってお茶室がぐっと広がるような感じがしましたね」と称賛した。


凜々子さん自身は「私にとって、映画で使われる書をかかせていただける貴重な体験。無駄にしないように書きました。いろんな“日”があるということを伝えたかったので、同じ“日”が3つ出てこないように工夫しました」と語った。また、凜々子さんは「日日是好日」の作文を書いたことがきっかけで、ジュニア京都観光大使に選ばれている。映画についても「ワクワクして書かせていただいて、この映画も楽しみにしています」と笑顔でコメントした。


最後に、ご覧になる方へ見どころをアピール。大森監督は「お茶室のなかの季節感もとりましたが、やはり、黑木さん、希林さん、多部さんがお芝居しているところを楽しんでください。樹木は「いろいろと苦情があるかもしれませんが、言ってこないでくださいね」と笑う。黑木が「世の中にはすぐにわかるものと、わらかないものがある。森下さんの追体験をした気がします。みなさんにご覧いただいて、この映画を五感で感じていただけたら」と締めた。

____________________________________________________________

『日日是好日』

2018年10月13日よりシネスイッチ銀座、新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国にて
配給:東京テアトル/ヨアケ 
公式HP:http://www.nichinichimovie.jp/
(C)2018「日日是好日」製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34138266

「これから日本を背負って立つ役者」樹木希林が黑木華を大絶賛『日日是好日』完成披露試写会舞台挨拶を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事