« 佐藤玲、萩原利久、岡野真也、中島広稀、三河悠冴、川島直人監督登壇「高崎グラフィティ。」完成披露試写会 | メイン | 山田裕貴、齋藤飛鳥に誕生日プレゼント!?ドラゴンズの始球式に登板!!8/15 台湾で登板予定の“齋藤飛鳥”に、熱烈エール!!『あの頃、君を追いかけた』 »

2018年8月10日 (金)

『ヒトラーと戦った22日間』ナチ絶滅収容所で最も成功した反乱 ソビボル絶滅収容所からの「全員脱出」の行方は? <本編映像>一部解禁

0810_004


『ヒトラーと戦った22日間』(配給:ファインフィルムズ、9月8日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか公開)の<本編映像>が一部解禁となった。


◆『ヒトラーと戦った22日間』は、【実話】を基に、アウシュヴィッツと並ぶソビボル絶滅収容所で起こった最大の脱出劇を描く。
今回解禁された<本編映像>では、脱走を試みる者をナチス側に密告するスパイ活動も横行する収容所で、監視役の男が脱走のリーダーアレクサンドル・ペチェルスキーほか収容者たちに、ソビボル絶滅収容所の解体と、全員が殺されることを知らせる。ペチェルスキーは彼はスパイではないと判断し、脱走の意志を固める。「武器を奪って逃げる方が早い」と話す仲間に、「全員で脱出する」とその計画を明かす。ナチスによる理不尽な暴力と虐待の日々を思えば、彼らが逃げた後に残された収容者が命の危険にさらされるのは火を見るより明らかだ。一見不可能にも思える脱走計画の行方は果たして―。


◆第90回アカデミー外国語映画賞ノミネートのロシア映画『ラブレス』にも携わった本作のプロデューサーのグレブ・フィティソフは、「『ソビボルの英雄たちは自分たちの命のために戦ったのではない。全人類の誇りのために戦ったのだ』と言われている」と話す。「限界の中で生きることや打ち勝つことのできない物事と折り合いをつけること、そして超人となった普通の人々について語る、息を呑むような凄いドラマをこの映画で見せたかった。経験豊富なプロの殺人者たちに対してチャンスはほぼなかった。でも彼らは勝ったんだ」
プロデューサー陣は、収容所の捕虜や看守役にヨーロッパの俳優たちを招き入れた。そこにはロシアでもよく知られた俳優も含まれる。「この蜂起の物語は、世界のどこに住んでいる、どんな人にも訴えかけられる。だからこそこのプロジェクトは国際的である必要があったんだ」と主演・監督を務めるコンスタンチン・ハベンスキーは説明する。


◆監督・主演は、<世紀のアイコン>と言われるロシアの国民的俳優コンスタンチン・ハベンスキー。彼の監督デビュー作でもある。
ナチスの親衛隊曹長フレンツェルには『ハイランダー』シリーズ、『ゴーストライダー2』のクリストファー・ランバート。その存在感と冷酷なまなざしで収容者に恐れられる将校を演じる。ほか『ゆれる人魚』のミハリーナ・オリシャンスカ、『バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍』のマリヤ・コジェフニコワや、ロシアで誰もが知る俳優ダイニュス・カズラウスカスなど、人気俳優陣が集結した。ソビボルで起こった反乱から75年を記念して、2018年5月にロシアで公開されると大ヒットを記録した。

『ヒトラーと戦った22日間』本編映像一部解禁
https://youtu.be/D888iL1QYRc


____________________________________________________________

『ヒトラーと戦った22日間』

2018年9月8日より全国にて
配給:ファインフィルムズ
公式HP:http://www.finefilms.co.jp/sobibor
(С) Cinema Production

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34139378

『ヒトラーと戦った22日間』ナチ絶滅収容所で最も成功した反乱 ソビボル絶滅収容所からの「全員脱出」の行方は? <本編映像>一部解禁を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事