« 『ハード・コア』平成末期に相応しい、愛すべき男たちの人生活劇!!松たか子ほか豪華キャストの参戦決定!!11月23日(金・祝)公開決定 | メイン | 『雪の華』東京―フィンランド、2人の恋が始まる第1弾ビジュアル&特報映像解禁!公開日決定! »

2018年8月30日 (木)

全世界120億円の大ヒットドキュメンタリーが帰ってきた!BBC『アース』第2弾、壮大すぎる予告編が到着!!日本版ナレーターは佐々木蔵之介に決定!『アース:アメイジング・デイ』

0830_002


全世界で120億円以上の興行収入を叩き出し、日本でも大ヒットを記録したBBCアース・フィルムズによるネイチャー・ドキュメンタリー『アース』(2008)。神秘的な地球のあるがままの姿を切り取った『アース』は多くの人々を魅了した。そしてその『アース』から10年の時を経て、第2弾となる『アース:アメイジング・デイ』が日本公開されることが先日発表された。

そしてこの度、『アース:アメイジング・デイ』の日本版メインビジュアルと予告編が到着し11月30日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開と発表されました。更に、日本版ナレーターを、日本が誇る名優 佐々木蔵之介が務めることが決定し、コメントも到着!


日の出から日の入りまで一日の太陽の流れを軸に、動物たちに限りなく近づき同じ目線で見ているかのような迫力の映像で、生き生きとした表情が描かれている本作は、すべての生き物の毎日にドラマがあり、わたしたちと同じように日々精一杯生きているということを気付かせてくれる。


この度到着した予告編では、まるですぐそこに生き物たちがいると錯覚するほどの臨場感溢れる映像を体験することができる。パンダにペンギン、イグアナ、ナマケモノ、ハチドリ、クジラ、イッカク……など数々の生き物たちが登場し、これまで見たことの無いような貴重な姿を堪能することができる、まさに今ブームの“図鑑”のような作品!

そしてそこに、佐々木蔵之介によるナレーションが優しく添えられている。
英語版のナレーションは、先日俳優引退を表明したハリウッドが誇る大スター、ロバート・レッドフォードが務め、中国版は、ジャッキー・チェンが起用されており、2人に匹敵する包み込むような美声で我々を『アース』の世界へと誘ってくれるのだ。

本作は、最新の4K技術や超軽量カメラによって、まるで動物たちと一緒にいるかのような自然の動きの撮影が実現している。撮影チームは総勢100名、使用したドローンはなんと200台。世界22カ国で撮影を敢行したという大規模なプロジェクト。佐々木蔵之介も「動物相手にどうやってこの映像を撮ったの?」「本当に“アメイジング”」と本作の映像世界に驚きを隠せない様子だ。

BBCとカリフォルニア大学の共同研究によると、自然ドキュメンタリーを数分観るだけで、ストレス軽減&幸福感が増すという結果も出ている。観終わった後、命の大切さについてふと考えたり、“アース・シェアリング(自然との共存)”をちょっと意識してしまうに違いない。現代を生きる人々に贈る、驚きに満ちた未知なる地球の姿を発見するネイチャー・ドキュメンタリーがここに誕生した!


▼佐々木蔵之介 コメント:本当に“アメイジング”でした。動物相手にどうやってこの映像を撮ったのかと驚くシーンばかりです。そして、クジラの話し声や遠くにいる鳥のさえずりまで、様々な動物の声が、そこにいる臨場感を味わわせてくれます。皆さんも、地球の1日を生き物たちと一緒に体験してください。


『アース:アメイジング・デイ』予告編
https://youtu.be/4lqxxrxX_dM

____________________________________________________________

『アース:アメイジング・デイ』

2018年11月30日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて
配給:KADOKAWA
公式HP:https://earthamazingday.jp/
(C)Earth Films Productions Limited 2017

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事