« 名曲「ダンシング・クイーン」が帰ってきた!“マンマ・ミーア!ファミリー”が大集合!誰もが踊り出したくなること間違いなし!! 特別映像解禁! | メイン | 『ヒトラーと戦った22日間』クリストファー・ランバートが実在したナチス親衛隊に!「狼のような眼差しの男」を怪演 »

2018年8月16日 (木)

感極まる数々のシーンで涙しても、バレない?!大迫力のドクターヘリのシーンに大注目!!『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命- 』4DX鑑賞のオススメポイントとは?!

0816_003


7/27(金)の封切りから大ヒット公開中『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 』が、8月17日(金)より4DX版上映を決定!大ヒット公開中の『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』4DX版で話題のヘリコプターシンとはまた違う、和製ヘリコプターシーンが楽しめることで期待の声が上がっている。

シリーズ初となる劇場版が7/27(金)公開3週目で50億円突破の大ヒットを果たし、SNS上では「●回みた」「●周してみる」など、リピーして鑑賞している声も続々。そんな中、涙あふれる、たっぷり感動あるドラマだからこそ、4DX版で観て、体験してほしい! 『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 』 4DX鑑賞のオススメポイントをご紹介!

1.4DX初心者にぴったり!メリハリのある4DX効果が体験できる!
初めての4DX鑑賞前、「どれくらいの動きが体験できるだろう...」と、その加減が予想できないからこそ、まるで絶叫系アトラクションを乗る寸前の気持ちと変わらずドキドキしている経験、4DX映画を観て体験した方であれば誰しも持っていたはず。特に乗り物酔いの激しい方にとって、激しいアクション映画ならば、なおさら勇気の要る4DX映画。そんな、不安あるあるの方には、ぜひ!この『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命– 』4DX版をオススメしたい。激しいアクションを要する場面とは違い、主に病院を舞台しているからこそ、例えば、階段を登ったり、降りたりとする場面で椅子が緩やかに動いたりと、日常的に察知できる動きの効果が多く仕込まれ、自然と物語に巻き込まれる体験ができるはず!もちろん、シリーズ最大のスケールとスペクタクルで描かれる大規模災害の現場も再現したような効果もあるため、成田空港や、海ほたるでのシーンなど<4DXとはこんなものだぞ!>という4DX本気度を感じ取れる場面も。そして、物語の後半、徐々にドラマシーンが増えていることもあり、ちょうどイイ加減のメリハリある4DX体験が期待できる。


2.感極まる数々のシーンで涙してもバレない、ヘリコプターのシーンに大注目!
『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命– 』4DXで、最も期待してほしいシーンは、何と言っても、ドクターヘリで移動する数々のシーン。物語の序盤では、モーションチェアの動きや風効果により、「ヘリでの動きをこういう効果が体験できるのか!」「風、涼しい!」という気持ちが芽生える。しかし!徐々に物語が中盤に走っていくに連れ、自然な効果によって、いつのまにか4DXの効果を体験している自分と、物語に集中している自分に気づき、4DXの効果と物語が一体化していく絶妙なハーモニーを体験できるはず。そのせいか、感極まる数々のシーンで流していた涙もいつのまにか乾き、涙もバレないはず!SNS上では「ヘリの4DXはやばいって絶対」、「4DXのコードブルー見たい!」、「コードブルーの4DXだと????ヘリの風やばくない???」、「コード・ブルー4DXとか最高じゃん」など、4DX鑑賞をオススメする口コミも続々!

この夏、シリーズ最大のスケール&スペクタクルで贈る『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命– 』 4DX版、エンジンスタート!本作は、2008年7月期にCX系列で1st Seasonが放送され、平均視聴率、最高視聴率ともに同クール連続ドラマ内第1位を記録する大ヒットとなった連続ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」。それまでの医療ドラマと一線を画する作品として多くのファンを生み、スペシャルドラマ(2009年)、2ndSeason(2010年)、3rd Season(2017年)と次々に続編が制作され、いずれも大好評を博しました。そして、誕生から10年。すべての想いを胸に、「コード・ブルー」はスクリーンへ―。キャストは、主演の藍沢耕作を演じる山下智久をはじめ新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介の5名が引き続き出演するほか、有岡大貴、成田凌、新木優子、馬場ふみか、安藤政信、椎名桔平が勢ぞろい!


また、4DXは、全世界1位4D映画で2017年全世界2,000万人を動員し、爆発的に成⻑している体感型のプレミアムシアター。特にヨーロッパや北米20~30代を 中心とし、【観る映画の代案】として若い層に人気トレンドになっている。全世界59カ国、549劇場で運営中、日本国内では55劇場に導入中。
(※2018年8月現在)


____________________________________________________________

『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』

2018年7月27日より全国にて
配給:東宝
公式HP:http://www.codeblue-movie.com/
(C)2018「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事