« チューバッカと一緒にカウントダウン!“ハンパない”熱狂的ファン 1000 人が大集結!!ハン・ソロ前夜祭上映会 | メイン | 『寝ても覚めても』公開記念 濱口竜介監督特集上映決定!! »

2018年7月 2日 (月)

池松壮亮「僕が僕であるために」は物心がついて初めて覚えた曲『君が君で君だ』 池松壮亮 松居大悟監督 福岡凱旋トークイベント

0702_004


7 月 7 日(土)より公開となる映画「君が君で君だ」は、これまで公開に先駆けて行われた先行上映で、絶賛、衝撃、異常、賛否など、クリエイターから映画ファンの間で、さまざまな口コミが拡散されている注目作。そして 6 月 29 日、本作の主演である池松壮亮、監督の池松大悟の出身でもある福岡で凱旋上映と舞台挨拶を行い映画を PR した。

舞台挨拶前の取材では、取材陣から「私は共感できなかったのですが」という記者がいる一方、「めちゃくちゃ面白かったです」と興奮気味の記者など様々。そして、舞台挨拶では、地元福岡での上映舞台挨拶について池松は「地元の友達が見に来てるので恥ずかしいんですよね。」と地元ならではなトークを繰り広げた。


また池松は、同郷である松居大悟監督について「松居監督は、狂っていたり破綻していたり、めちゃくちゃなんだけど、そこにある純粋さの純度が強く、それがずっと変わらない。小学校の頃の放課後の校舎裏の感覚というか、言葉ではない純粋さが魅力的だと思います。」とこれまで数々の作品で共にしてきた監督への想いを告白。


また、コラムニストであり数々の九州の番組でレギュラーを持つ松居大悟の母・トコが、生放送終わりでかけつけ客席に登場すると場内から拍手が起き、「母親が来ているから」と完成披露でも話題になった”リコーダー舐め”トークは封印。また、大好きな子の憧れの人になりきるという設定だが、尾崎豊になりきっている役については、「監督から”尾崎豊の映画”と聞いていたのですが実際は全然違って騙されました」と会場に笑いがおき、また役所については「尾崎豊を演じるのではなく、好きな人の憧れの人になりきっている人という設定なので、難しさはありましたがラストに向けて尾崎豊とシンクロしていく瞬間などを観ていただいた皆様に感じていただければと思います。自分にとって尾崎豊というのは縁もあって、父親の影響が強いのですが、幼い頃に聞かされていて、自分が物心ついてはじめて覚えた曲が「僕が僕であるために」でした」と本作本編で自らが歌っている「僕が僕であるために」との縁についてコメント。


さらに、撮影時には階段落ちや毛を食べるシーンなど体を張った撮影について聞かれると、「映画の撮影というのは、”映画という魔法”がかかっていて、学園祭の最後の日がずっと続いているような感覚だと思いますが、その魔法にかかっていたので、スタントにも挑戦してみたのですが、結果、日に日に傷ができていきました」と自ら志願して体を張ったエピソードを話した。


そして、最後のメッセージでは池松から「ぜひ気楽な気持ちで観てください」とコメントがあり、松居からは「どうしても福岡でヒットさせたい。僕らができることは限界があるから、見た皆さんの力を貸してほしい。言葉にしづらい作品かもしれないけど、それを誰かに伝えてほしいです。」と地元福岡への想いを語り舞台挨拶は終了となった。映画「君が君で君だ」は、来週末 7 月 7 日(土)七夕より全国公開。

____________________________________________________________

『君が君で君だ』

2018年7月7日より全国にて
配給:ティ・ジョイ
公式HP:https://kimikimikimi.jp/
(C)2018「君が君で君だ」製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34132945

池松壮亮「僕が僕であるために」は物心がついて初めて覚えた曲『君が君で君だ』 池松壮亮 松居大悟監督 福岡凱旋トークイベントを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事