« 時速360キロの超高速滑空 世界一危険なスポーツ ウィングスーツジャンプの衝撃映像!『クレイジー・フォー・マウンテン』本編映像 | メイン | エヴァ完結編『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は2020年に公開。特報解禁! »

2018年7月20日 (金)

セドリック・クラピッシュ、4年ぶりの新作!『おかえり、ブルゴーニュへ』11月17日日本公開決定

0720_006


セドリック・クラピッシュ(『猫が行方不明』『スパニッシュ・アパートメント』)、4 年ぶりの新作であり、フランス・ブルゴーニュ地方のワイナリーを舞台に、人生の熟度を味わう珠玉のヒューマンドラマ『Back to Burgundy(原題)』が『おかえり、ブルゴーニュへ』に邦題が決定(キノフィルムズ配給)、11 月 17 日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISUGARDEN CINEMA ほか全国公開が決定した。

『スパニッシュ・アパートメント』(01)、『ロシアン・ドールズ』(05)、『ニューヨークの巴里夫』(13)からなる〝青春三部作′′の完結から 4 年。都会を舞台に、ごくありふれた人々とその日常を活き活きと軽妙に、そしてあたたかなまなざしで映し出してきた現代フランスを代表する人気監督セドリック・クラピッシュが、キャリア 12 作目にして初めて田舎を舞台に自然撮影に挑んだ本作。

フランス・ブルゴーニュを舞台に、ワイン醸造家だった父親の死をきっかけに 10年ぶりに再開した 3 兄弟の悲喜こもごもが描かれる。長男は離婚問題を抱え、長女は醸造家としての働き方に悩み、次男は義父問題に揺れている。いろんなことはあるけれど、季節とともに移ろいながら、ワインのように熟成を重ねるーそんな彼らの姿は、いつの間にか私やあなたが紡ぐ日々とオーバーラップすることだろう。都会の喧騒を離れ、くすぐったいような幼い頃の思い出と家族の絆で包み込んでくれる本作は、ふと立ち止まり、自分の人生を見つめるきっかけを与えてくれるに違いない。


____________________________________________________________

『おかえり、ブルゴーニュへ』

2018年11月17日よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて
配給:キノフィルムズ/木下グループ
(C)2016 - CE QUI ME MEUT - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34136745

セドリック・クラピッシュ、4年ぶりの新作!『おかえり、ブルゴーニュへ』11月17日日本公開決定を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事