« 子どもの眼差しに圧倒されること間違いなし!『悲しみに、こんにちは』カルラ・シモン監督来日インタビュー | メイン | “超”自己チューな男(染谷俊之)と”超”引っ込み思案な女(芋生悠)が織りなすこじらせ男女のロードムービー『恋するふたり』完成披露イベントが決定、併せて場面写真も初公開!! »

2018年7月13日 (金)

13日(金)記念!悪魔のシスター“ヴァラク”降臨 最新作『死霊館のシスター』の世界観が溢れだす場面写真が解禁!

0713_006


全世界1,350円超えの驚異的な興行収入をたたきだした大ヒットホラー『死霊館』シリーズの最新作『死霊館のシスター』が9月21日(金)新宿ピカデリーほか全国公開となる。このたび本作のホラーアイコンとも言うべき悪魔のシスター“ヴァラク”の姿を捉えた場面写真が初解禁となった。

13日(金)の不吉な日を記念して解禁されたのは、死霊館シリーズ始まりの恐怖と言える悪魔のシスター“ヴァラク”の姿を捉えた2枚と本作の主人公シスター・アイリーンを捉えた1枚、さらに恐怖の舞台となるルーマニアの大修道院を捉えた本作の世界観がわかる計4枚の場面写真。薄暗い部屋の中ではっきりと顔が見えないにも関わらず、悪魔のシスター“ヴァラク”の不気味な存在感は絶大!写真だけでもその恐怖をひしひしと感じる。タイッサ・ファーミガ演じる若き見習いシスターの純真無垢な姿と対照的にひとりのシスターが自殺した現場である大修道院は昼間の外観ですら禍々しい気配を漂わせています。4点の場面写真からシリーズ最大級の恐怖が表現され、その世界観が溢れだしている。


2013年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で360億円以上の興行収入を上げ大ヒットを記録。以降、『死霊館 エンフィールド事件』、『アナベル 死霊館の人形』、『アナベル 死霊人形の誕生』と、累計1,350億円を超える大ヒットホラーシリーズとなっている『死霊館』シリーズ最新作となる『死霊館のシスター』はシリーズすべての恐怖の始まりを描く。


主演のアイリーンを『死霊館』シリーズでロレイン・ウォーレンを演じたヴェラ・ファーミガの妹タイッサ・ファーミガが務め、バーク神父を『エイリアン:コヴェナント』のデミアン・ビチルが演じる。製作は『死霊館』の生みの親ジェームズ・ワン、監督は『ザ・ハロウ/浸蝕』のコリン・ハーディ。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』、『アナベル』シリーズを担当したゲイリー・ドーベルマンが脚本を務める。


____________________________________________________________

『死霊館のシスター』

2018年9月21日より新宿ピカデリーほか全国にて
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34135848

13日(金)記念!悪魔のシスター“ヴァラク”降臨 最新作『死霊館のシスター』の世界観が溢れだす場面写真が解禁!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事