« サミュエル・マオズ監督(『レバノン』) 最新作『運命は踊る』「(原題)FOXTROT」邦題&公開決定! | メイン | 少年が呼び寄せたのは、宇宙で最も危険な戦士 かつてない衝撃“新たなプレデター伝説”が幕を開ける!『ザ・プレデター』9月日本公開決定&予告編到着 »

2018年6月 5日 (火)

『クレイジー・ハート』で絶賛のあの美声、再び!ジェフ・ブリッジスがウェスタン・ミュージックを披露!『オンリー・ザ・ブレイブ』本編映像解禁

0605_008


『アベンジャーズ』シリーズのジョシュ・ブローリン、映画『セッション』で主演を努めたマイルズ・テラー、『キングスマン:ゴールデン・サークル』のジェフ・ブリッジスに加え、テイラー・キッチュ、ジェニファー・コネリーら、新旧交えた豪華俳優陣の共演で贈る森林消防士たちの英雄物語『オンリー・ザ・ブレイブ』が、6月22日(金)TOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開となる。監督を務めるのは、『オブリビオン』などを手がけ、『トップガン』の続編『Top Gun: Maverick』の監督も決まっているジョセフ・コシンスキー。2013年、アメリカのアリゾナ州で実際に起きた巨大山火事を舞台に、大切な仲間と愛する家族はもちろん、名も知らぬ人々の命をも守るため、勇気だけで炎の中に飛び込んでいく男たちのプライドと絆の感動物語がここに誕生した。本作でジェフ・ブリッジスの渋い美声が響く本編映像が解禁となった。

ジェフと言えば、アカデミー賞に7度もノミネートされた経験を持つハリウッド大御所俳優のうちの一人。アカデミー賞主演男優賞に輝いた『クレイジー・ハート』(09)ではその歌唱力まで評価され、なんと61歳でメジャーデビュー!俳優業以外でも多彩な顔を持つアーティストである彼が、本作でもその渋い歌声を披露している。


普段は山火事に立ち向かい、常に死と隣あわせの環境にいる“ホットショット”の隊員が、唯一、仲間とともに安らげる場所であるBarで披露されるその歌声は、まさに大人の魅力を感じさせる渋い美声。ジェフが、バンドの演奏にあわせてギターとボーカルを担当し、軽快なウェスタン・ミュージックを奏でています。実はこのバンド、ジェフが演じたデュエイン本人が実際に率いている《ラスティ・ピストルズ・カウボーイ・バンド》であり、劇中では彼らが実際に最もリクエストを受ける「ゴースト・ライダーズ・イン・ザ・スカイ」という歌が歌われている。「イカしたカウボーイのバンド」と彼らを絶賛するジェフとの夢のコラボが実現した貴重なシーンとなった。


本作への出演に際し、「最初に台本を読んだ時、アクション映画のジャンルを超越する物語に心を動かされたよ。情感豊かで胸を打つ作品だ。」とその想いを明かしているジェフは、無骨な威厳と経験に裏打ちされた知恵を兼ね備え、“ホットショット”を束ねるエリック・マーシュ(ジョシュ・ブローリン)からも頼られる父親的な存在であるデュエイン役を演じている。


『オンリー・ザ・ブレイブ』本編映像
https://youtu.be/OfQ7CWQqHUs


____________________________________________________________

『オンリー・ザ・ブレイブ』

2018年6月22日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて
配給:ギャガ
公式HP:http://gaga.ne.jp/otb/
(C)2017 NO EXIT FILM, LLC

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事