« 滝川広志、柾木玲弥、武田ココナ、加門幾生監督登壇『ゆずりは』初日舞台挨拶 | メイン | 『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』10月6日公開決定! »

2018年6月18日 (月)

『エヴァ』「イザベル・ユペールの演技は最大の理想形」フランスの至宝を監督絶賛 ギャスパー・ウリエル& ブノワ・ジャコ―監督インタビュー

0618_013


イザベル・ユペール、ギャスパー・ウリエル主演、ジェイムズ・ハドリー・チェイスの「悪女イヴ」を原作とするブノワ・ジャコー監督最新作『エヴァ』が、7月7日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開となる。この度ベルトランを演じるギャスパー・ウリエルとブノワ・ジャコ―監督のインタビュー映像が解禁となった。

原作は英国の人気作家ジェームズ・ハドリー・チェイス(1906-1985没)の小説「悪女イヴ」。エヴァを演じるのはフランスを代表する演技派女優として国際的にも活躍するイザベル・ユペール。1972年のスクリーンデビュー以降、クロード・シャブロル、アンドレ・テシネ、ジャン=リュック・ゴダール、ミヒャエル・ハネケなど名だたる監督作品に出演し、ポール・ヴァーホーヴェン監督の『エル ELLE』(17)では第89回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたことも記憶に新しい。彼女に魅了され、堕ちていく作家ベルトラン役にはギャスパー・ウリエル。


今回解禁された<インタビュー映像>では、ギャスパー・ウリエルとブノワ・ジャコー監督が、イザベル・ユペールについて、ジャコ―監督独自の作品の準備方法について、そしてウリエルが役を準備する上で心がけていることについて語っている。イザベル・ユペールとの共演について、「相手を尊敬するほど、圧倒されることは避けられない。刺激的だが恐怖も感じる。それが原動力にもなる」「僕が現場で目にしたものは素晴らしかった。完璧なまでにコントロールされているのと同時に、テイクごとに新鮮さや解放感のある演技で驚かせるんだ」と興奮を隠さずに話すと、ジャコ―監督も「役者の演技に関する自由の、最大限にして理想形。それがイザベルだ」と6度目のタッグとなるユペールに惜しみない賛辞を送る。また、ウリエルはジャコ―監督独自のスマートな仕事の仕込み方についても言及。「プロデューサーの家で食事をした際に、映画の話はせずともイザベルとの相性を見られていた。彼は洗練されたやり方で物事を采配するんだ。雰囲気を作ることにも長けていて、役者たちを上手に誘うんだよ」と語る。新たに挑むベルトランという役柄について尋ねられると、「新しい役柄を演じる時は、それまでの役を引きずらない。さもないと繰り返しになってしまう」と自身が心がけていることについて述べる。ジャコ―監督は「彼が出た映画は全て観たが、これまでに一度として同じ演技はなかった」と、ウリエルへの役者としての信頼を語る。それを受けて「新たな経験に新たな気持ちで挑むだけ。それが刺激的だし、興奮する」と自らの役柄へのアプローチ方法を披露した。


【ストーリー】 他人の戯曲を盗んで発表したことで、一躍成功をつかんだ男ベルトラン。2作目を期待されるがペンは進まず、パトロンからは矢の催促が。執筆の場である別荘に着くと、吹雪で立ち往生した男女が窓ガラスを割って入りくつろいでいた。腹を立てたベルトランは、バスタブにつかっていた娼婦エヴァに文句を言おうと近寄るが、彼女に一瞬で心を奪われる。次作の題材という名目でエヴァに近づくが冷たくあしらわれ、思うようにならない関係に苛立ちを募らせたベルトランは、周囲の人間を巻き込み官能と破滅の道を突き進んでゆく……。

『エヴァ』ギャスパー・ウリエル&ブノワ・ジャコ―監督インタビュー映像
https://youtu.be/J6tTVszQhX4


____________________________________________________________

『エヴァ』

2018年7月7日よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて
配給:ファインフィルムズ
公式HP:http://www.finefilms.co.jp/eva/
(C)2017 MACASSAR PRODUCTIONS - EUROPACORP – ARTE France CINEMA - NJJ ENTERTAINMENT - SCOPE PICTURES

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事