« 『フジコ・ヘミングの時間』公開記念 映画に登場する幻の絵日記が美しい本に 「フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記」6月下旬発売 | メイン | 是枝監督の『誰も知らない』、ベルイマンの『秋のソナタ』を思い出す『母という名の女』オフィシャルトークイベント »

2018年6月14日 (木)

吉沢悠、撮了の喜びを語る 映画 『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』「サーフィンの聖地」種子島にてほぼ全編撮影6/12(火)無事にクランクアップ!

0614_008


2005年、主演に大杉漣を迎え、定年後に突然サーフィンに目覚め種子島に移り住んだ中年男性の第二の人生を爽やかに描いた映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード』。そして、それから13年後となる本年、キャスト、ストーリーも新たに、『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』として、種子島で新作を制作し、6/12(火)に無事にクランクアップした。約2週間にわたる撮影を一気に駆け抜けた主演の吉沢悠は、無事に撮影を終えた喜びを語った。また、各キャストからの撮影を振り返ったコメントが到着した。


 5月28日にクランクインした『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』は、種子島での約二週間の撮影を経て、6月12日に鹿児島でクランクアップを迎えた。梅雨の季節と重なった撮影期間中は、現地の天気予報が連日雨続きだったにもかかわらず、奇跡的にほとんど雨の影響を受けることなく撮了。これも島の恵みかもしれない。


 クランクインの十日前から種子島入りした主演の吉沢悠は、すっかり陽に焼けて島民のような顔つきになっていた。島の生活に慣れ親しむ中で地元のサーファーたちとも交流を深め、今では島内の波乗りポイントもかなりディープなところまで把握している。もともと趣味でサーフィンを嗜んでいた吉沢だが、今回は全日本選手権で優勝したほどの腕前を持つサーファー・梅原光太郎役ということで、事前に千葉や伊豆でも合宿練習を積みテクニックに磨きをかけた。しかしそれ以上に、種子島へ来て同じようにサーフィンを愛する仲間たちと出会い、サーフィンを「楽しむ」感覚を取り戻せたことが何よりも大きかったという。


 
ほぼ全編種子島が舞台となっている本作には地元に実在するスポットがたくさん登場する。地域に根づいているものはそのまま使うのが喜多監督のポリシーとあって、ロケーションはできるだけ手を入れずに生かされている。馬場ふみか演じる美夏の実家「オリジン」は同名のサーフショップで、本編に出てくる猫の「なさけ」も実際にここの飼い猫だ。目の前に鉄浜海岸を臨むカフェ「イースト・コースト」では、オーナー役の香里奈が明るくポジティブな存在感を放ち、華やかなムードに包まれる。また、地元の病院長役の竹中直人は、現場入りするなり光太郎を送り出す壮行会のシーンでユニークな竹中節を炸裂させた。ちなみに吉沢と泉谷が隣り合ってちゃんぽんをすする店は、創業50年以上、地元民に愛される「あやの食堂」である。


 撮影も終盤に近づき、西之表港で撮られたフェリー出航のシーンは、不安定な空模様や時間のリミットもあって現場にもいつになく緊張感が漂う。しかし地元から参加してくれたエキストラ300人と吹奏楽部の協力を得て無事に撮りきることができた。大勢の島民たちに見送られながら、フェリー内の階段を軽やかに駆け上がり手を振る吉沢の姿が眩しい、晴れやかな旅立ちとなった。


 こうして他の出演者たちが種子島で出番を終えた後、最後に残った吉沢のシーンを鹿児島で撮って、すべての撮影は終了。吉沢は「大杉漣さんの魂を引き継ぐプレッシャーとともに、光太郎としてどのようにこの映画に貢献できるかをずっと考えていましたが、皆さんの力のおかげでここまで無事に来られてホッとしています」と充実の日々を締めくくった。


【各キャストのコメント】

○吉沢悠(梅原光太郎役)
サーフィンはもともと趣味でしたが、仕事となると役者として結果を出さなければいけないので、最初は嫌だなと思ったんです。でもあらためてきちんと向き合ってみたら今まで知らなかった魅力を再発見できた。それには種子島で出会ったサーファー仲間の存在が大きいかもしれません。この作品を通してその楽しさを伝えられたらいいなと思います。


○馬場ふみか(工藤美夏役)
二週間ほど種子島にいましたが、毎日がハッピーで、撮影で来ていることを忘れてしまいそうなぐらいでした。地元の方と接する機会も多かったのですが、よそから来ても優しく包み込んで迎え入れてくれるような温かさがありました。島の人は女性が強いと聞いたので、美夏はその血を受け継いでいるんじゃないかなと思います。


○香里奈(南田沙織役)
沙織はみんなを客観的に見ている役なので、現場でもそんな距離感でいようと思いました。喜多監督がその場の雰囲気を大事にしてくれたので自由にやらせてもらった感じです。以前プライベートで種子島を訪れたときにお世話になった方と、今回演じた役のお店の店長さんが友達だったりして、人と人とのつながりを感じられる撮影になりました。


○泉谷しげる(安田玄十郎役)
自分にサーフィンシーンがあると知って最初は焦りましたね。でもみんながやっているのに自分ができないと腹が立つ。吉沢君にもいろいろ教わったんですけど、あいつがまた教えるのが上手くて、だんだんその気になってくるんですよ。こうなったら俺も東京オリンピックを目指そうかな(笑)。いくつになってもトライする気持ちが大事だからね。


○竹中直人(田上孝一役)
喜多組は穏やかなムードが出来上がっていて、そこに途中から入るのはすごく緊張したんですけど、吉沢君が爽やかな好青年なので一緒にいると柔らかい気持ちになりました。自分の監督作『サヨナラCOLOR』(05)でも医者の役を演じたからその頃を思い出したりもしましたね。種子島は初めてでしたが、島にたどり着くというのはやっぱりロマンがありますね。


○喜多一郎監督
僕の映画では、登場人物がいかにその土地に馴染んで見えるかが勝負ポイントなので、俳優たちがちゃんと島に溶け込んでいるかどうかが見どころです。天候にも恵まれ、サーファーがベストな波を求めて動くように撮影できましたね。サーフィンも人生もバランスとタイミング。あきらめずに挑戦し続ける勇気を受け取ってもらえたらと思います。

____________________________________________________________

『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』

2019年春より全国にて
(c)2018『Life on the Longboard 2ndWave』製作委員会

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事