« 日本には嫌味な姉が多い!?南果歩演じる嫌味な姉に共感する観客が続出!映画『オー・ルーシー!』公開初日ティーチインイベント | メイン | 実は馬術アクションで怒られていた!?イケメン俳優、クリス・へムズワースが語る撮影秘話とは?衝撃のクリヘム落馬映像も解禁!!『ホース・ソルジャー』 »

2018年5月 1日 (火)

“ジョージ・クルーニー監督といると挑戦したくなる”「こんな時代だからこそ見てほしい作品」オスカー・アイザック インタビュー映像『サバ―ビコン 仮面を被った街』

0501_005


ジョージ・クルーニー監督、ジョエル&イーサン・コーエン脚本最新作『サバ―ビコン 仮面を被った街』が、5月4日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーとなる。クルーニーが監督・製作・脚本、コーエン兄弟が脚本を手がけた本作は、2017年のべネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され、ギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォーター』と人気を分け合った話題作。保険調査員バド・クーパーを演じたオスカー・アイザックのインタビュー映像が解禁となった。

オスカー俳優との豪華共演について尋ねられると、ジュリアン・ムーアについては「ジュリアンのことは心から尊敬してる。彼女と共演できて最高だったね。彼女はあの役柄を本当に面白く演じた。調査員のクーパーと彼女のやり取りが最高に面白いよ。」と、マットについても「マットは僕が長年尊敬してた人だ。すばらしい俳優でとても心の温かい人だよ。彼と共演できてとても楽しかった。」と、実力・実績のある2人を尊敬し、共演を楽しんだことを話している。

今回のオスカーの役柄は、脚本を担当したコーエン兄弟がもともとジョージ・クルーニー監督に配役を考えていた役柄であり、ジョージ・クルーニー監督も「オスカーがうらやましいよ。映画をかっさらっていく美味しい役どころなんだ」と羨んでいると明かしているが、そんなジョージ・クルーニー監督についても、「彼はメチャクチャいたずら好きなんだ。でも同時に とても明晰だから余計に楽しい。彼といるとこちらも色々挑戦したくなる。一緒に映画を作ってる気にさせてくれる監督だね。」と、話すオスカー。普通だったらプレッシャーを感じる状況でも、監督といい関係性を築き、作品つくりに励んだことを振り返っている。


本作で描かれた“アメリカ”について尋ねられると、グアテマラ出身でアメリカで主に活動しているオスカーは「今の時代にタイムリーな題材だと思う。“アメリカを再び偉大に”と言って、かつての輝かしいアメリカに戻ろうとする動きがある。本作はそんな時代にこそ見てほしい作品だと思う。“理想的”なアメリカの闇の部分に焦点を当ててる。いかに上辺だけだったかを教えてくれるんだ。」と、今の時代にこそ多くの人に観てほしい作品であることをアピール。インディペンデントの良作から『スター・ウォーズ』シリーズまで幅広く活躍するオスカー・アイザックの本作で魅せる演技にも注目だ。

『サバ―ビコン 仮面を被った街』オスカー・アイザック特別インタビュー
https://youtu.be/STSzcGQp_jY


___________________________________________________________

『サバ―ビコン 仮面を被った街』
2018年5月4日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
公式HP:http://suburbicon.jp/
(C)2017 SUBURBICON BLACK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事